ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフの図書館

ゴルフ初心者でも困らない服装の選び方とポイント教えます!

   

ゴルフ初心者でも困らない服装の選び方とポイント教えます!

ゴルフ初心者の方にとって、いざコースデビューという時、プレーやマナーと同様に服装というのも心配な要素の1つですよね。

『実際にどんな服装をして行ったらいいのか分からない。』
『ゴルフ用品を揃えてお金が無いから、服装にはそんなにかけたくない。』

など、服装について悩まれている初心者の方も多いのではないでしょうか。

そこで、今日はゴルフ初心者でも困らない服装の選び方とポイントをお伝えしようと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

glb0000810-1.jpg
ゴルフの握りってどういうものがあるんだろう、計算方法は?

今回はゴルフの「握り」のお話しです。 握りって聞いてなん...

glb0000813-1.jpg
ラウンドでゴルフのスイング動画を撮るのは有り?無し?

昔と違い今はスマホがあるのでどこでも好きな時に写真や動画を...

glb0000812-1.jpg
ゴルフクラブのフレックス。意味を知ればゴルフが変わる!

ゴルフクラブを買うときにに何気なく選んでいるフレックス。 ...

glb0000806-1.jpg
要チェック!フェアウェイウッド3w~9wの飛距離目安と考え方

フェアウェイウッドは、2w~13wまであるのですが、実際に...

glb0000809-1.jpg
ダウンスイングで左肩が上がる3つの理由を修正できる方法

ダウンスイングで左肩が上がるとボールを擦り、スライスボール...

glb0000808-1.jpg
ゴルフの基本となるグリップの正しい握り方は動画でチェック

ゴルフクラブをスイングするとき、唯一ボールと接触するのはク...

glb0000807-1.jpg
ゴルフショットはアドレスの肘の向きでガラリと精度が変わる

正しいアドレスはゴルフを制す! そのためアドレスで気をつ...

glb0000804-1.jpg
ドライバーでフックフェースの正しい構え方とその性能とは?

ドライバーのフックフェースとは、構えたときにフェースが目標...

glb0000805-1.jpg
2009年マスターズ伝説!ビジェイシンが見せた水切りショット

マスターズと言えば、練習ラウンドで行われるエキシビジョン、...

glb0000800-1.jpg
あなたは便利なyoutubeをゴルフにどう活かしていますか?

スマホが主流となってきた昨今。 スマホもゴルフ道具の1つと...

glb0000803-1.jpg
ドライバーショット!パキーンではなくゴロゴロやチョロの話

6月の梅雨の合間のスカっと晴れの土曜日、「いや~普段の行い...

glb0000802-1.jpg
イチローのスイング理論&アスリート哲学をゴルフに生かす!

野球界のレジェンドと評されるイチロー選手、その独特なスイン...

glb0000797-1.jpg
気になるドライバーヘッドの塗装剥がれをきれいに直そう!

ゴルフクラブを大事に使っていても、何故か気づいたら傷が付い...

glb0000799-1.jpg
膝の筋肉が痙攣する原因とは…実はそれ非常に危険な症状です

ゴルフの最中やラウンド後に膝の筋肉が痙攣したという経験はあ...

glb0000798-1.jpg
ゴルフ上達のために子供の体重は増やすべきか否かどっち?

シーズンオフ中のプロゴルファーは、体重を増やすことを目標に...

glb0000796-1.jpg
ゴルフスイングは、ヘッドを自然に落下させる方が上手くいく

ゴルファーの皆さんは、ダウンスイング時にどの様なイメージで...

glb0000793-1.jpg
クラブに隠されている角度を知れば自分の構え方が完成できる

「自分のスイングが正しいのか」と常に悩んでいるゴルファーは...

glb0000795-1.jpg
シャフトバリエーションが増えたので好きなのを選びやすい!

最近のゴルフクラブには、メーカー純正のクラブよりもシャフト...

glb0000794-1.jpg
ゴルフの肝!ドライバーのシャフト交換で理想のショットを!

ゴルフは絶対飛距離にこだわりたい! 同伴者に20ヤードも置...

glb0000791-1.jpg
ゴルフのプレーでショットガン方式は洋式だが効率的である!

日本国内のゴルフ場ではほとんどないプレー形式であるショット...

スポンサーリンク


ゴルフ初心者が押さえておきたい服装選びの基礎知識

まず、ゴルフをする際の服装は、相手に敬意を払い、周囲を不快にさせないというのが基本です。

『スポーツをするんだから動きやすい服装で大丈夫でしょ』
とスポーツジムに行くようなラフな服装では、ご自身はもちろん、一緒にプレーされる方にも迷惑をかけるという事態になってしまいますので注意が必要です。

基本の服装としては一般的に、男性・女性ともに襟付きのトップス・長いパンツ・ゴルフシューズが望ましいとされています。
更に、ベルト・サンバイザーや帽子は義務付けられていないゴルフ場もありますが、初心者の方はゴルフ場へ行くのも初めてでどんなルールがあるところか分からないという方も多いでしょうから、出来る限り揃えるのが望ましいでしょう。

そして、ゴルフというスポーツをするにおいて服装は、動きやすさや機能性も必要ですが、初心者が一番気になるのはどこまでがOKでどこからがNGなのかというルールの部分ではないでしょうか。

細かい規定はゴルフ場により多少変わってくる部分ではありますが、一般的にどの程度までがOKでどこからがNGかという部分を見ていきましょう。

男性ゴルファーはプレー時の基本の服装を知っておこう

男性の場合、初心者の方が漠然と抱くゴルフの服装のイメージといえば、やはりポロシャツにタックの入ったスラックスという方も多いのではないのでしょうか。

もちろん、正解です。
ポロシャツにタックの入ったスラックスでしたら何の問題もないでしょう。

ただ、最近はメンズウェアも動きやすさや機能性に加え、ファッション性の高いものもたくさん出ていますよね。
プロ選手たちがおしゃれでカラフルな服装でプレーする姿をテレビで目にしたことがある方も多いかもしれません。

プロ選手をお手本にしてもらって構わないのですが、今回は初心者の方向けに見ていきましょう。

まず、トップスはやはり襟付きのものを選びましょう。
TシャツなどUネック・VネックのものはNGです。
そしてボトムスはタックの入ったスラックスでなくても、チノパンなどもOKです。
ただし、ジーンズやだぼっとしたカーゴパンツなどはNGですので気を付けましょう。

最近は夏にハーフパンツでプレーされている方も多く見かけますが、その場合はハイソックスの着用を義務付けているゴルフ場もあるそうです。
夏はハーフパンツにくるぶしソックスというものお洒落ではありますが、ゴルフ場によってはNGのところもありますので、初心者の方の場合は避けた方が無難かと思います。

あと、シューズは必ずゴルフシューズで、サンダルはもちろんスニーカーなどもNGです。

基本的な服装のポイントは女性も同じ

女性の服装も最近では本当に様々なスタイルが出ていますね。

タレントさんのようにテレビに出て活躍されている女性プロ選手も多いので、とても可愛らしい服装でプレーしている姿もよく目にします。
ゴルフはおじさんのスポーツというイメージのあった若い方たちも、最近少し変わってきたのではないでしょうか。

女性の場合もトップスは基本的に襟付きです。
ワンピースなども多く売られていますが、その場合でも襟つきのものを選びましょう。

ボトムスは男性同様チノパンでもOKです。
そして、女性の場合スカートでももちろんOKです。

ただし初心者の場合、打ったボールが林に入ってしまってボール探しをしなくてはいけなかったり、飛距離が出ずカートに乗らずに走りっぱなしという事も考えられますので、スカートの丈は短すぎないものを選ぶのが良いでしょう。

最近ですと、スカートの内側にショートパンツにようなものがついていて、見た目はスカートだけど動き回っても安全というゴルフウェアもたくさん出ていますので、そういうものを選ばれても良いと思います。

あと、シューズも男性同様、必ずゴルフシューズを用意しましょう。

ゴルフ初心者の場合どんな色を選んだら良い?

基本の服装のスタイルが分かったところで、さて、どんな色を選んだら良いのか?というところですよね。

基本的には、ご自身の好みで選んで頂いて構いません。
色や柄などたくさんの種類が出ていますので、自分の好きなものでコーディネートするのもゴルフの楽しみの1つです。

ただ初心者の方の場合、目上の方とプレーされる場合やどんなものが良いか分からない場合は、白やベージュ、黒やグレーなどベーシックな色を選ばれるのも良いかもしれません。
このような色なら、周囲の方を不快にさせたり迷惑をかけたりする事もないでしょうし、今後慣れてきてから他の服装とコーディネートする際にも着回しがきいてお財布にも優しく、無駄にもなりません。

初心者にはちょっとイタイ… ゴルフウェアって結構お値段しますよね

初心者の方にとって服装を揃える際のお値段というのも重要な部分ではないでしょうか。
道具も一式揃え、来たるコンペに備え毎日打ちっぱなしに行ってみたり、レッスンを受けてみたり、休日は近所のショートコースを回ってみたり…
と、色々やっていると結構な出費になってしまった!という方も多いはずです。

実際、ゴルフショップに行って見てみると、トップスだけで1万円以上、ボトムスは2万円、シューズも2万円…。
こだわって良いものを選べば出費はどこまでも大きくなります。

けれど初心者の場合、一体どれくらいかけたら良いのか、そもそもこれからどれくらいラウンドすることになるのか、どれくらい使用するのか…
と、分からないことだらけですよね。

実際のところ、やはりきちんとしたゴルフウェアはゴルフ用に作られていますので、動きやすさ・機能性に優れています。
しかし、最近では一般的なアパレルショップで安く売られてるものでも、吸水性や発熱性などその季節に必要な機能も充実していますので、それらでも充分にゴルフウェアとして着る事は可能です。

服装というのは通年ゴルフをするにおいて何着か買わなければいけないものでもありますし、安くて上下セットで5,000円ほどで揃えられたりもしますので、思っていたより出費がかさんでしまった方はとりあえず安いものでというのも1つの手です。

その代わり、シューズや帽子、ベルトなどは通年通して使えるものになりますので、きちんとしたものを選ばれるのも後々の為かもしれません。

ゴルフ初心者が怠りがちな行き帰りの服装

ここまでゴルフプレー時の服装についてお話しましたが、もう1つ忘れてはならないのがゴルフ場へ来るとき・帰るときの服装です。

『車でゴルフ場へ行って帰ってくるだけだし』
とラフな服装で来てしまったら大変。
ゴルフ場によっては入場を拒否されるところもありますのでご注意ください。

こちらも男性・女性ともに襟付きのシャツにジャケット、長いパンツの着用が望ましいとされています。

長いパンツはプレー時同様にジーパンやカーゴパンツ、スウェットなどもNGです。
女性の場合はワンピースやスカートでも大丈夫ですが、足を露出しないようタイツなどを着用されるのが良いでしょう。

靴はこちらもサンダルやスニーカー、丈の長いブーツなどもNGです。
男性は革靴やスェードの靴、女性はヒールの低めなパンプスなどにされると良いでしょう。

これでゴルフ初心者でも安心!素敵な服装で素敵なゴルフライフを

いかがでしたか。
初心者の方でもこれで準備はバッチリですね。

このように服装においてのルールは、おおまかには同じですが、細かくはゴルフ場によって違ってきます。

実際に行ってみると分かるのですが、ゴルフ場によって雰囲気は様々。
事前にそのゴルフ場のホームページで調べてみたり、行ったことのある方にお話を聞いてみるのも良い方法ですね。

来場から帰るときまで身だしなみに気を付けて、素敵な紳士・淑女の仲間入りをしてゴルフライフを楽しみましょう。

 - 初心者 入門