森田理香子選手の完全復活を願い、みんなで応援しましょう!

「90%は自分の努力、1%はファンのみなさんの力」
森田理香子選手がそう言って挑んだ昨シーズン。

思うような結果が残せず、とうとうシード権を失ってしまいました。

しかし彼女にあの輝きをまた!と思っている方はたくさんいるでしょう。

この場を使ってみんなで応援しましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフ好きなら必ず知っておきたい4大大会とはどんな大会?

ゴルフ4大大会という言葉。ゴルファーでない方もスポーツニュースなどで一度は耳にしたことがあるので...

男性ゴルファーに負けてないLPGAの飛距離ランキング上位者達

近年、JLPGAの選手たちも飛距離が伸びてきたものの、やはりまだ本場LPGAの選手たちには追いついて...

丸山茂樹のスイング解説は的確?トーク力は抜群に上手い!

アマチュア時代に37勝、プロ転向後国内10勝、PGAツアー3勝の実績を誇るプロゴルファー、丸山茂樹...

ゴルフに関する飛距離やスコアなど多数存在するギネス記録

皆さん、ギネス記録という言葉は良く耳にするので知っているでしょう。そのギネス記録にはゴルフに...

目指せ!ヘッドスピードの平均値を超える女性ゴルファー!!

徐々にゴルフが上達してくると、飛距離への欲が高まりますよね。特に飛距離に悩む女性ゴルファーは多い...

【ゴルフ教えて!】ハンディキャップ12はどれだけ上手い?

ゴルフのレベルを公表するのに公式ハンディキャップがありますよね。数字が一桁だとシングル、±0...

シャフトが硬いとダメ?元調子だとスライスしやすくなるの?

元調子のシャフトはインパクトで硬く感じます。これは、先端側がしっかりとしたシャフトだとしなり...

ドライバーで250ヤード出すためのヘッドスピードの役割とは

ドライバーで250ヤードの飛距離を狙うとしたら、ヘッドスピードの速さが必要です。またヘッドスピ...

引退間近の宮里藍の生涯獲得賞金とツアーの勝利数のついて

数か月前に笑顔、そして涙の引退会見をした宮里藍。彼女のゴルフ界でのプロとしての活躍は高校生時代...

同じ日本と思えない!北海道のゴルフ場の芝が一番良い時

北海道のゴルフ場の芝の良さは全国的に有名ですが、その理由は本場スコットランドの洋芝と同じ感触でプ...

ゴルフのスコアカードのデータ整理法と記念品としての保存法

ゴルフのスコアを書き記したスコアカードをラウンド後に整理すると、自分のためのデータとして活用する...

uspga tourとjgtoの年金を含む様々な格差とは一体なに!?

uspga tourの人気は世界的に凄いのはこれを読まれているゴルファーの皆さんもご存知でしょう。...

「ゴルフ」と「ホールインワン」と「11打」における伝説

ゴルフをしている人にとってホールインワンと言えば夢の一つです。ホールインワンは「夢」と言って...

ゴルフ業界のプロ選手、費用、収入、経費etc、お金のお話

華やかなプロゴルファーの世界、トーナメントで優勝した選手がトロフィーを抱え、優勝賞金の金額が書かれた...

まさかの石川遼が自分のボールを蹴るという珍事を起こした!

プロゴルファーは1打1打に賞金や人生が掛かっています。ですからトーナメント中の選手達の集中力は半...

スポンサーリンク

森田理香子選手の実績あれこれ

森田理香子選手を応援するには、まずは彼女の経歴や実績を知っておく必要があるでしょう。

彼女は現在27歳。
そんな彼女は祖父がゴルフ練習場を経営しており、8歳でゴルフを始めました。

ゴルフ歴はなんと19年になります。

2008年に18歳でプロテストに合格しました。
翌年はフル参戦で、序盤に6戦連続予選落ちと苦しい立ち上がりでしたが、中盤以降は連続予選通過しました。

そのうち5戦でトップ10入りを果たし、プロ初年度で賞金ランキング27位とシード権を獲得しました。
以降2015年まで7年連続賞金シードを獲得し続けました。

2010年に20歳で「樋口久子IDC大塚家具レディース」でツアー初優勝を飾りました。

翌年に「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」で2勝目、またその翌年に「ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」にて3勝目とコンスタントに勝利を重ねていきました。

そして2013年、プロ6年目で初の賞金女王に輝いたのはご存じでしょう。

通算7勝、トロフィーを持ちキラキラ輝いた笑顔で立っていた彼女の姿がいまだに目に焼き付いています。

 

森田理香子選手への応援が足りなかった2016年

2013年に賞金女王に輝いてから、少しずつ輝きを失っていってしまった森田理香子選手。
きっと私たちの応援が足りなかったのでしょう。

2016年のシーズンで7年間保持してきた賞金シード権を失ってしまいました。
大王製紙エリエール女子オープンでの彼女の涙は心が痛みました。

その後に挑んだQTファイナルでも79位と思うような結果が残せず、今年のシーズンでのメジャーツアーで彼女のプレーを見るのは難しい状況になりました。

それでも彼女は前向きなコメントをたくさん残しています。

今後メジャー大会に出るためのステップアップツアーへの挑戦に関しても、

「普通は新人とかが出る試合うんぬんという人もいますが、元女王のプライドとかも関係ありません。どの試合もチャンスだし、私はそれを譲るつもりはないです」

と話しています。

今季のツアー出場は、主催者推薦最大8試合と予選から本戦出場に挑む日本女子プロ、日本女子オープンなど10試合前後になります。

ステップツアーはもちろん、彼女が出場する試合で1%の力を与えられるように一生懸命応援しましょう!

 

応援したい、苦悩の女王になった森田理香子選手

賞金女王から苦悩の女王と呼ばれるようになった森田理香子選手。
そんな彼女のきれいなスイングは、今も昔も変わりません。

では、何が彼女を別人のように変えてしまったのでしょうか。

それは「アプローチイップス」です。

本人も昨年認めたこの病気は、ゴルファーにとっては致命的と言っても良いです。
イップスが原因でプロゴルファーを引退した選手も数多くいます。

しかし彼女は、自分がイップスであることを認めることで立ち向かおうとしています。

イップスとは、極度の不安や緊張からクラブを振れなくなってしまうことです。
ドライバーイップスやパッティングイップスなどと状況は人それぞれですが、彼女はアプローチイップスだと話しています。

感覚や点で打つタイプだった彼女は、イップスに陥りやすいタイプでした。
ミスを重ねることで、アプローチへの不安感や恐怖感が増していったのでしょう。

今はその状況を受け入れたことで、自分のゴルフを見直す良い機会になったようです。

彼女が、プレッシャーやストレスを感じないように、みんなで応援していきましょう!

 

スタートした今シーズン、応援してますか?

賞金シード権を失った今シーズン、主催者推薦等で10試合の出場は確定しています。

先週早速森田理香子選手は、ツアーに登場しました。

ホステスプロとして迎えた「ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ」です。

皆さんしっかり応援しましたか?

そんな私たちの応援が届いたようで、1R”74”、2R”70”、3R”72”のトータル”216”で結果は27位タイでした。

本人も参戦前に、

「1月から2月にかけて思いつめるときもありました。ですが、それ以降はやらねばならないことがたくさんあったので考えすぎずに済みました。ダイキンを見ているときも来週自分が出られることを考えたら前向きになりました」

と気合十分のコメントをしていました。

毎年シード権当確の金額は2,100万円と想定されています。

今回で656,000円獲得したので、残り20,344,000円です。

あと残り7試合と考えると、1試合に300万円近くが必要なペースになります。
そのためには毎試合アンダーパーの60台で回ることを意識しなければなりません。

しかし彼女にはきっとその実力はあるはずです。

1度の優勝で復活!なんて可能性も十分にありますからね。

 

森田理香子をfacebookで応援しよう

「森田理香子を応援しよう」というページがfacebookにあります。
facebookを使っている方はご覧になってみてください。

タイトルの通り、森田理香子選手に関するニュース情報等で応援するページです。
本人とは全く関係なく、熱狂的な森田理香子選手のファンが立ち上げたようです。

彼女の最新の写真や動画などたくさんの情報が掲載されています。
中にはスイングが変わってしまったといった厳しいコメントもありますが、大好きで応援しているからこそだと思います。

賞金シード権を失った時の悲しげでとてもつらそうな表情が頭に残っていますが、このページを見たら、心機一転前向きで笑顔いっぱいの森田理香子選手の写真をたくさん見ることができます。

また昔を思い起こすため、キラキラに輝いていた2013年の賞金女王になった時の記事や写真も載っています。
それだけでなく、その写真や記事などにたくさんのファンがコメントしているのです。

森田理香子選手がこれを見ているといいのなぁと思ってしまいます。

日々最新情報がアップされているので、今後応援していくのに大変役立つサイトといえるでしょう。

 

がんばれ!森田理香子選手!

現在「森田理香子」でネット検索すると、ネガティブな記事ばかりが目立ちます。

その中でのたくさんの彼女のポジティブなコメントを見ると涙が出てきそうになります。
森田理香子選手に限らず、プロゴルファーとはとても過酷です。
1打1打に生活が懸かるだけでなく、一生がかかっているのですから。

日本女子ツアーは、全38試合もあります。
試合数が多い分、獲得賞金も増えますが、選手達のスケジュールもさらに過酷になります。

試合だけでなく、移動やプロアマ戦などスケジュールはかなりハードです。

その1試合1試合に大きなプレッシャーやストレスがのしかかってくると考えてください。それがかなりのものだというのは容易に想像できます。

そんな中、わずか8試合で結果を残さなければならない森田理香子選手。
ポジティブな発言の中にもやはり不安やプレッシャーは相当なものでしょう。

そんな彼女へ心から「がんばれ!森田理香子選手!」と応援の言葉を叫びたいです。

 

応援する気持ちはきっと伝わる

2013年の彼女の笑顔をまた…
そう思っている人は日本中にたくさんいるはずです。

ゴルフに好調の波はつきものです。
不調のときの頑張りこそが結果につながります。

森田理香子選手には、さまざまな不安やプレッシャーに負けず、不調の波を木っ端みじんに崩して突き進んでほしいです。

負けるな!森田理香子選手!