ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

ゴルフの全てと言われるパター。お気に入りを1本見つけよう

2017.3.14

ラウンドの約4割を占めるパッティング。

多くのプロゴルファーが「ツアーの勝敗はパター次第」と断言しています。

そんなゴルフの全てと言われるパターを制するために、お気に入りの1本を見つけましょう。

その手助けをするためにオススメのパターを紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

【ゴルフの悩み】雨の日の様々な打ち方とコースマネジメント

雨の日のゴルフはどうしても気分が沈んでしまいます。 気分が沈んでいる上に、ミスまで続いてイライ...

ゴルフの片手打ち練習ドリルのコツと効果を知って挑戦しよう

知っての通りゴルフは両手を使ってスイングします。 しかしゴルフの練習ドリルの中には片手打ちがあ...

雨の日のゴルフプレーを想定した練習は必ず役立つ時が来る!

雨の日にゴルフをするのは、苦痛と感じる人もいるのではないでしょうか。 しかし雨が降っているから...

バウンスを使うゴルフスイングでバンカーを攻略する!

サンドウェッジがイマイチ不安であれば、バウンスを使ったゴルフスイングができていないかもしれません...

近いけれど難しいアプローチショット10ヤード以内の打ち方

ゴルフのアプローチショット。 30ヤードや50ヤードの距離は上手く打てるけど、たったの10ヤー...

パッティングの方向性が合わない理由を知り対策をマスター

パッティングで難しいのは距離感と方向性です。 転がしたことのないグリーンで距離感を出すのは至難...

石川遼が選ぶのはマッスルバック?キャビティ?どっち!?

石川遼選手は中嶋常幸選手に若い頃からマッスルバックに慣れた方が良いと教えを受ける中、マッスルバックと...

ゴルフ練習場で身についたダフリ癖の原因と対策法

ゴルフをとにかく上達したいと練習場で繰り返し練習したことが、ダフリの原因になってしまうことがあり...

ゴルフスコアを大きく左右する正しいパターの打ち方を学ぼう

アマチュアゴルファーのゴルフの練習で一番足りないと言われているのが、パターの練習です。 やろうと...

パッティングが簡単に上達できる自宅レッスン法がココにある

1ラウンドパー72の規定パター数は36打です。 スコアの半分がパッティングなのに、「これが絶対...

ゴルフの上達はグリップの握る強さと手首を柔らかくすること

ゴルフスイングで飛距離や方向性、球筋に不安がある時はグリップをチェックして、手首が柔らかくなって...

【ゴルフ教えて!】競技に初めて出場する際の準備と注意点

ゴルフを長く続けて上達してくると、自分の腕前を試したくなってきますよね。 そんな腕試しの場とし...

ゴルフで苦手なパターはボール位置を変えるだけで上手くなる

ゴルフプレーの中でもパターに苦労しているようなら、パッティングの構えとボール位置があなたのプレー...

目的別のアプローチを上達させるためのいろいろな練習方法

アプローチは簡単そうに思えるほど近い距離のショットです。 それなのに苦手だと思っている人が結構...

アプローチでロブショットが使えるための打ち方と練習方法

アプローチで難易度の高いといわれるロブショットですが、ポンと上げてピタッと止めることができたら、...

スポンサーリンク

まずはお気に入りのパターのタイプを決めよう

お気に入りのパターを選ぶためには、まずパターの種類とその性能を知っておかなければなりません。

パターには大きく分けて3種類あります。

ピン型、マレット型、ネオマレット型の3種類です。

それぞれに特徴と利点があるので、自分のパッティングスタイルにどの性能が必要かを考えましょう。

まずピン型は、パターの基本の形になります。
ヘッドが小型なので、ヘッドの重さで転がすのではなく、自分の距離感で転がします。
フェースを開いたり閉じたりすることでフェースを感じながら打つことができます。

ヘッドのトゥ側とヒール側にバランス良く重量が配置されているため、スイートエリアが広めになっているのでミスに強いのが特徴です。

次にマレット型は、重心距離が後方にあるので真っ直ぐ出しやすいです。
ヘッドが重い分、重さで距離をコントロールできます。

そしてネオマレット型は、マレット型同様に真っ直ぐ出しやすいです。
またスクエアに近い形状なので構えやすいです。
さらにネオマレット型は、ヘッドが大きいため慣性モーメント大きくミスに強いのが特徴です。

自分のパターに何が必要なのかを考えてタイプを選びましょう。

 

お気に入りのパターの選び方【重心・打ち方】

お気に入りのパターにするには、様々な角度からパターを選ばなければなりません。

まずはパターの重心距離です。

シャフトの先端側からフェース面の重心までの距離です。
重心距離が短いとフェース面を開閉しやすくなり、重心距離が長いとフェースを一定に保ちやすくなります。

「フェースバランス」であれば、テークバック中にほとんどフェースが開かない人に向いています。
真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出すストロークです。

「ヒール・トゥ・バランス」であれば、緩やかな弧を描くストロークの人に向いています。
前後に重量があるので、自然な弧を描いたストロークです。

「トゥ・バランス」であれば、大きな円軌道を描くストロークの人に向いています。
トゥ側が重いので、バックストローク中に自然とフェイスが開き、スムーズにフェースが回転します。

次に自分の打ち方です。

手首を使ってインパクトの強弱でタッチを出すタップタイプ。
手首をあまり使わず、ヘッドの動く量やスピードでタッチを出すストレートタイプ。
ストレート型のストローク式と同じでヘッドの動く量やスピードでタッチを出すアークタイプ。

自分の打ち方がどのタイプなのか客観的に見てましょう。

 

お気に入りのパターの選び方【打感・グリップ】

お気に入りのパター選びには、パターのスペックも重要です。

まずは、フェースの硬さです。

ゴルフボールの硬さでインサートもゴルファー好みで選択できます。
インサートの柔らかいパターと硬いボールを組み合わせると打感が柔らかく感じます。
そしてインサートが硬いパターと柔らかいボールを組み合わせるとまた打感が柔らかく感じます。
柔らかく感じるとボールの距離感がよくなりやすいです。

次に「センターシャフト」です。

代表的なフェースバランスパターになります。
台の上にパターを置いたときにフェース面が真上に向くパターです。

センターシャフトの利点は、引っ掛けにくいパターで、ストレートにテークバックする人に向いています。

そしてグリップの太さです。

通常の太さのグリップは手先の感覚を活かしたパッティングがしやすく、どちらかと言うとフィーリング重視の人が良いでしょう。

最近流行りの太めのグリップの利点は、手首や手先の余計な動きを制御してくれるところです。
ですから肩でストロークしやすくなり、手だけでストロークしてしまうのを防いでくれます。
太めのグリップを装着しても軽量グリップを使用すれば、ヘッドに鉛を貼る必要もなくバランスは大きく変動しないので心配いりません。

 

お気に入りのパター候補【スコッティキャメロン】

あなたのお気に入りのパター候補としてまず紹介したいのが、パターで世界中のプロに人気NO.1の「スコッティキャメロン」です。

ツアープロやシングルプレイヤー、道具にこだわるゴルファーが、1本は持っているほど人気のパターブランドです。

精巧な作りや独創的な考えが、多くのプロに受け入れられ、使用プロが数々の大会やメジャー大会で優勝しています。
その実績からトップブランドとして世界中で知られるようになりました。

スコッティキャメロンは、形状はもちろん、重さやヘッドの特性などプロのシビアな好みに合わせています。

プロは形にもこだわるので形状も機能も伴わなければなりません。
そこで得た経験やプロの意見を生かして市販品を作っています。

ですから市販品であっても、デザインや形状がきれいで構えやすいモデルが多く、パター自体の性能も高いモデルが多いのです。

ただ唯一ある問題が金額です。
一般的なもので4万円前後、限定品であれば数十万円もするのです。

 

お気に入りのパター候補【オデッセイ】

次にあなたのお気に入りのパター候補として紹介したいのが「オデッセイ」です。

オデッセイは、キャロウェイのパターになります。
オデッセイのパターを、ゴルフをしている人であれば見たことのない人はいないでしょう。

一組全員オデッセイのパター!?なんてこともあります。

パターを選ぶ際に、パターの振り方やストロークが、ヘッドを真っすぐ動かすストロークか、それともフィーリング、タッチを生かしてイメージどおりにヘッドを動かすストロークかを考えます。

このようにパター選びは、自分のプレースタイルや好みが大きく関係するのです。

そこで、オデッセイパターなら、ヘッドもインサートも種類が大変豊富なので、自分に合ったパターを見つけるこができるでしょう。

またメーカー曰く、世界6大ツアーでトータル使用率NO.1です。

ですから人気プロやお気に入りのプロと同じクラブを使いたいゴルファーにも人気です。
またシェア率が高い理由で、金額もお手頃なものからあるので、買い求めやすいということもあるでしょう。

 

お気に入りのパター候補【PING】

最後にあなたのお気に入りのパター候補として紹介したいのが「PING」です。

なによりPINGゴルフはパターから始まったメーカーです。
そういったこともあって、パターの開発にはかなりの力を入れています。

PINGはメーカー独自のパターフィッティングを昔から行なっています。
ですから、ヘッド重量やライ角など自分のストロークに合わせて選ぶことができるのが特徴です。

その他大きな特徴としては「TR溝」です。

TR溝は中央の溝を深く、周辺部を浅くしているので、打点がバラついてもそれなりにまっすぐ転がるテクノロジーです。
ヒールやトゥにヒットさせても真っ直ぐ転がるのです!
ボールが曲がり難いと言った方がよいかもしれません。

パターでボールを転がすのが苦手な人やどうしても芯に当たらない人にオススメです。

また自分でシャフトの長さを調整できるモデルもあります。
通常、長さを調整するには、ショップへ持って行きシャフトをカットしてもらったりと手間もお金もかかります。

そんな長さ調整が手軽にカスタマイズできるところも人気の秘訣でしょう。

 

パッティングはゴルフの全てを制す!

ゴルファーの多くは、パターをあまり買い替えません。

パターに慣れるにはかなりの時間を要するからです。

つまりパターの買い替えには相当な勇気と決断が必要なのです。

ですから初めてパターを購入するときは、慎重に選び、一生付き合っていく!くらいの気持ちで挑みましょう。

 - シングルへの近道