ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフの図書館

スイングが変わる!40代後半の男性のゴルフスイングについて

      2017/03/08

スイングが変わる!40代後半の男性のゴルフスイングについて

一般的なアマチュアゴルファーにおいて、男性ならスイングで力任せにブンブン振り回せた20代、スイングをコントロール出来るようになり、コースマネジメントを意識出来る様になる30代、そして、ゴルフ全体をまとめる事が可能になる40代へと、その時の年齢、体力に応じたゴルフスタイルを築く事が出来たのではないでしょうか。

では、40代後半の男性のゴルフはどの様な事を目指していけばよいのか見ていきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

glb0000992-1.jpg
ゴルフ殿堂の樋口久子のスイング動画はどうやって見る?

日本女子ゴルフ界で最多優勝を誇り、アメリカのメジャー選手権...

glb0000991-1.jpg
日本だって負けてない!ゴルフ場にある絶景スポットを紹介!

ゴルフに夢中過ぎて周りの景色を楽しまないなんて勿体なさ過ぎ...

glb0000990-1.jpg
ゴルフ用語で良く聞くワンピンとは何メートル?結構長い!?

ゴルフ用語とは難しいものから簡単なもの、単に略語として使っ...

glb0000989-1.jpg
飛距離UPと方向性を定めるインパクトのコック維持の重要性

ゴルフでインパクトの時のコック維持は飛距離を伸ばすため、そ...

glb0000988-1.jpg
ゴルフは平日が絶対お得!土日祝日はプレー代が倍近くする!

ゴルフのプレー料金はバブル期からすると3割に下落したと言わ...

glb0000987-1.jpg
上田桃子が契約しているサングラスメーカー「パラサイト」

夏の陽射しは強いですよね。 紫外線は目から一番入ってくる...

glb0000986-1.jpg
まさかの場合に備えよう”ホールインワンの記念品とお礼状

一生に一度あるかないかと言われるホールインワン。 しかし絶...

glb0000985-1.jpg
初心者のパターのグリップ、右手人差し指を伸ばしてみよう!

スコアアップを目指すためにはもちろん飛距離を伸ばすことも大...

glb0000984-1.jpg
格好良くターフを飛ばす!とはゴルフで何を意味するのか?

ゴルフ雑誌で「格好良くターフを飛ばす!」なんて言葉を見たこ...

glb0000983-1.jpg
ゴルフ場の距離表示の正しい見方と使い方を知り情報活用を!

ラウンドをする際に、ゴルフ場にはプレーをする上で必要な様々...

glb0000982-1.jpg
気になるゴルフのレッスンプロの人気ランキングを紹介!

ゴルフが上手くなりたい!と思っても誰に習えば良いのか考えま...

glb0000981-1.jpg
ゴルフコンペで耳にする「ベストグロス」とは一体何のこと?

ゴルフコンペに参加すると、優勝者と別に「ベストグロス」が表...

glb0000980-1.jpg
安全にゴルフをするためにすぐに叫ぼう「ファー!」

ゴルフ場にいるとたまに…よく聞こえるのが「ファー!」です。...

glb0000979-1.jpg
ゴルフスコアを大きく左右する正しいパターの打ち方を学ぼう

アマチュアゴルファーのゴルフの練習で一番足りないと言われて...

glb0000978-1.jpg
グリーンコンディションによる速さの単位とその計測方法とは

ゴルフ場へ行くと、スタート室前などにグリーンの速さを表記し...

glb0000977-1.jpg
インパクトで左手を止めるだけ!飛距離アップが期待できる?

インパクトのときに左手を止める練習をすると結果的に飛距離ア...

glb0000976-1.jpg
アイアンスイング、できるだけ右手を使わないための練習方法

ゴルフのスイングでのミスといえばチーピン、フック、スライス...

glb0000975-1.jpg
谷将貴のスイングレッスンはドライバーショットもシンプル!

レッスンプロ谷将貴のスイングは一言でシンプルと言えます。 ...

glb0000974-1.jpg
賞金王、片山晋呉プロの素晴らしいスイングを後方から見る

狙った所へボールを運ぶ、ショットメーカー片山晋呉プロのスイ...

glb0000973-1.jpg
ゴルフ中継に欠かせない存在、戸張捷と丸山茂樹のアナウンス

戸張捷。 ゴルフ中継を見ると、その人の事は知らなくても声は...

スポンサーリンク


40代前半と40代後半でゴルフスイングはどの様に変化していくのか

よく、年配のゴルファーに言われる事に円熟のゴルフがあります。

自身の体力の衰えに伴い、力任せにスイングするのではなく、自身の体力に応じた範囲で効率よくスイング、プレーを行う事を指します。
もちろん、長年ゴルフをプレーしてきた経験という要素もあります。

40代後半に差し掛かると、とくに日ごろから鍛錬を積んでいない男性は筋力の衰えが顕著になってくる年頃だと思われます。

長年、腰への負担がかかり続ける事による腰痛なんかも発症しますよね。

40代後半の男性はとくに腰にかかる負担が少ないスイングを身に付けないと、ゴルフで腰痛が発生する確率が高くなります。

こうなると、もうゴルフどころではなくなってしまうでしょう。

40代前半から40代後半へと体力や身体への負担の蓄積を考慮すると、スイング意識を変えていく必要があるかもしれません。

スイング中、身体の左サイドの壁を意識したインパクトゾーンでのスピードを瞬間的に上げるようなスイングは、とくに身体への負担が大きくなります。
これを40代後半になっても若い者に負けじと飛ばしを追求し続けると、腰痛を発症する確率が上がってしまうでしょう。

スイング中、捻転差をあまり大きくしない、しなやかなスイングを身に着ける事によって身体に負担の少ない綺麗なスイングが出来上がるのです。

もちろん、日ごろから鍛錬を怠らず、筋力を維持されている40代後半の男性は、がんがん振ってもらっても良いとは思います。

 

40代後半の男性の体格からみるゴルフスイング

40代後半男性と言っても、その体格は太っている、痩せている、標準的など様々です。

太っている方は、当たり前ですが体力の衰えと共に身体が回りにくくなります。
身体が回らないとバックスイングでパワーがためられない為、スイングスピードが遅くなります。
落ちたスイングスピードを取り返すため、無理に腕を使ったり、インパクトで手をこねたりする方を見かけます。
ゴルフは反復性が重要ですので、この様なスイングをする方は平均スコアはあまり良くないと思われますね。
もちろん、その癖をカバー出来るほど練習されていれば別の話ではありますが。

飛距離が落ちてくる事は避けられない為、出来ればスコアをまとめる方に意識を持っていただければと思います。

痩せている方や、標準的な体格の方は身体はよく回ると思いますので、よどみのないスムーズなスイングが出来れば、飛距離は普通に出ると思います。

飛距離は若い者には勝てません。
この意識が重要なのです。

 

ゴルフは40代後半から始めても面白いスポーツです!

よく、スポーツは始める年齢が若いほうがよいと言われますよね。

しかしです。
ゴルフはお金も時間もかかるスポーツの為、若いうちに始められなかった方も結構いるのではないでしょうか。

会社のコンペや取引先とのコミュニケーションツールとして利用出来る営業ならともかく、そうでなければなかなか手を出しにくいスポーツかもしれません。

しかしです。
ゴルフは生涯スポーツですので、40代後半、男性、女性関係なく始められます。
しかも、ゴルフ場に行ってラウンドすればコースやプレーの習熟度にもよりますが一日何キロも歩くことになります。
これは健康的ですよね。

年齢や体力に合ったプレーをすればよいので、若い方と同じようなプレーをする必要もありませんし、若いからといって有利だとも限りません。

飛距離が出る、飛ぶという事はそれだけOBのリスクにもさらされるのです。

コースマネジメントをしっかり行い、あきらめる所はあきらめる、あきらめない所、決める所はしっかり決める!
これがゴルフ上達の要諦です。

40代後半の男性でドライバーの練習量が多い方、一度サンドウェッジやパターだけもって練習されてみてはいかがでしょうか。

スコアがまとまるとゴルフって楽しいですよね。
そう、ゴルフは始める年齢、関係ないのです。

 

男性ゴルファー必見、40代後半プロのスイング妙技

男子プロゴルフツアーの花形といえば、今や世界で活躍する20代前半のプロを筆頭に若手プロの独壇場という感がしますね。

30代前半でベテランと言われてしまう程、今のゴルフツアーは多くの若者達で盛り上がっています。
ゴルフを始める年齢も早く、若いころから多くの経験を積んでいるのが今の若手プロなのです。

ジュニアがゴルフする環境もよくなりましたし、今の若者は総じて物怖じしないのでしょうね。
この辺は本当に隔世の感がします。

しかし、そんなツアーでも40代後半、もうすぐシニアツアーというプロの技、素晴らしいですよ。
いわゆるテクニックなのですが、飛距離で勝てない分、アイアンやアプローチ、バンカーショットなど経験がものをいうプレーに時々関心させられます。

セカンドショットでも300ヤード以上飛ばす若手プロに比べ、持つクラブが2番手、3番手違う事が多いのですが、そのアイアンの切れたるやさすがベテランと思わせるものがあります。
とくにアプローチはライが悪い時に、フェースの入れ方を鋭角にいれ抵抗を減らしたり、どの位それをすればどの位の結果になるのかを感覚的に持っている為、近くで見れる時は非常に勉強になります。

40代後半の男性アマチュアゴルファーも、こういった体力は関係ないプレーをぜひとも自身のテクニックとして身につけていただきたいですね。

 

実際のプレーヤー、40代後半からの男性が1番多いのではないか

ゴルフをラウンド、実際にプレーする人口は40代後半が1番多いのではないでしょうか。

取引先とのコンペや会社のコンペ、プライベートラウンド等お付き合いの多い年齢ですよね。
しかも、社会的な地位もこの年齢から上がっていきますので、ますます付き合いでのラウンドが増えていくのではないでしょうか。

40代後半の男性同士でラウンドするのも楽しいですよね。
無理に飛距離を追い求める必要もなく、比較的同じような感じでプレー出来るのではないでしょうか。

ただ、それまでのゴルフの取り組み方が1番現れるのが、アプローチとパターです。

先にも触れた様に、40代後半のプロでも経験豊富なプロはそれだけ引き出しも多く、ライに応じた多様な打ち方が出来ます。

40代後半の男性ゴルファーも長年ゴルフをプレーしてきて、どれだけ引き出しを持っているかによってその技量が分かれてしまいます。
長年アプローチとパターに力点を置いてきた40代後半のプレーヤーには安定感があるはずです。

40代後半、今からでも遅くはありません。
100ヤード以内を鍛えましょう!

 

40代後半男性のゴルフファッションを考える

最近は、ゴルフウェアも多彩になり、おしゃれな服も多く販売されていますよね。

40代後半、とくに男性では、お腹回りも緩みなかなかおしゃれな服装が難しくなる年齢かもしれません。

しかしです。
40代後半でもせっかくおしゃれな服があるのですから、着こなしてみたいものです。

最近は男性ウェアもスリムな物が多い為、まずはお腹回りをなんとかしないといけません。
そして何よりも、お腹がボテっとしていると、ゴルフが上手に見えません。

ここは、スリムな服とはいかないまでも、適度に運動してゴルフウェアをシュッと着こなしてみましょう。

40代後半男性であれば、女性からの見られ方も変わる事間違いなしです。

バックスイングの回りもよくなり、一石二鳥です。

かっこいいウェアでかっこいいゴルフ!
是非、目指しましょう!

 

40代後半男性のゴルファーは少し自分に厳しく!

社会的にも体格的にも変わるのが40代後半ではないでしょうか。

身体の無理も効きにくくなり、色々な面で変わらざるを得ない年齢です。

身体も硬くなり、太るとゴルフスイングも回りにくくなりますが、せっかく楽しいゴルフです。
その楽しみを維持するために適度な運動と自分を律する心をもちましょう。

ゴルフもウェアもかっこいい!
そんな40代後半男性ゴルファーになりたいものですね。

 - ゴルフの体