ゴルフで一番大事なのはみんなが楽しんでゴルフをできること

ゴルフをプレーする上で大事なことはたくさんあります。
雑誌やネット等でもそのことについて良く書かれています。

それらを総合すると、みんなが楽しくゴルフをできることになります。

ですから、このことがゴルフの一番大事なことになるのです。

それでは、みんなが楽しくゴルフをするためにはどうすればよいのか考えてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

同伴者がゴルフの握りをハンデで戦う。そして残る人たちは?

ゴルフコンペの日に、同じ組の2人の様子がどうもおかしく、注意して見ていたら、どうやら握りでハンデ...

ゴルフ競技「マッチプレー」の間違いやすいコンシードのルール

先日のライダーカップご覧になりましたか?アメリカとヨーロッパのプロゴルファーたちがマッチプレ...

意外と多い!?ゴルフ場でカートが転倒する事故!どうして?

楽しいゴルフですが、ゴルフ場には危険がいっぱいです。飛球に当たったり、斜面から落ちたり、カー...

ゴルフの試合で使うスコアカードの書き方とマーカーの仕事

ゴルフの試合で使うスコアカードは、通常のカードと違うサイズのものです。もちろんプライベートコ...

ゴルフラウンドでハーフプレーにどのくらい時間を掛けてる?

「ファストプレー!」段取り良く、そして早くプレーすることはゴルファーが守るべきマナーの中でも...

ゴルフは服装に厳しいと若者が敬遠してるが実はそうでもない

ゴルフの人気低迷の理由の一つに、服装のマナーが厳しいと言うのがあります。特に若者たちは自由な...

ゴルフルールの用具にレーキという道具がないことが問題!

バンカーショットの前にゴルフクラブで砂に触れると、現行のルール上でペナルティとなります。では...

満員のゴルフ場でもスロープレーのペナルティは科せられる?

ゴルフのプレーが遅い人と一緒に回ると、イライラが蓄積して調子が狂ってしまうことがあります。プ...

夏のゴルフの服装でアンダーウェアを着るのはマナー違反?

ゴルフコースでアンダーウェアを着ているのを見ると不愉快ですか?アンダーウェア1枚だけであれば...

あわやペナルティ!石川遼の似顔絵入りボールを拾う珍事件!

「ハニカミ王子」の名で15歳で一躍ゴルフ界の人気者になった石川遼。老若男女、ゴルフ好きからゴルフ...

パターの長さのルールの意味が変わっていることはご存知?

パターの長さにはルールによる制限がありますが、実質のプレーに影響することはありません。ただし...

バンカーへのレーキ持ち込みはOK?それともルール違反?

日本ゴルフ協会が発行している「ゴルフ規則」を見たことがありますか?2年に1度改定され読むのも気が...

意外にもゴルフルールでOBが何打罰かを知らない人が多い!

ゴルフのスコアをカウントするとき、OBは後付けで数えることが多いようです。プレーしたスコアに...

ゴルフ女子に気を付けて欲しいTPOに合わせたズボンの丈

ゴルフウェアを着用する際に守るべきマナーがあるのは皆さんご存知でしょう。しかし近年増えてきた...

雷のゴルフは危険!中止はゴルファー自身で決断しよう

雷が落ちるかもしれないゴルフとなると、落ち着かなくて楽しめるとは思えません。しかしそのせいで...

スポンサーリンク

ゴルフで一番大事なのはマナー

ゴルフと言えば、マナーを重んじるスポーツです。

一番大事なのはマナーを守ること。
服装から立ち振る舞いまで、守らなければならないマナーはたくさんあります。

服装に関してのマナーでは、ゴルフ場がドレスコードを決めていますが、決めていなかったとしてもTシャツやジーンズ、ジャージやサンダルなどはNGです。

プレーにそぐわない服装をしていると、周りのゴルファーが不快な思いをします。

またラウンドでのマナーもたくさんあります。

まずは打つ人の邪魔をしないこと。
ツアートーナメントを見ていると「Quiet」という札を持ってる人を見かけます。
大声であっても、小声であっても、傍でおしゃべりをされると集中力が欠けてしまうので、迷惑な行為になるからです。

またそういった行為は、同伴競技者だけでなく前後の組にまで迷惑をかけてしまうので、絶対しないようにしましょう。

それからグリーン上では、グリーン面を傷つけないようにしなければなりません。
ディボットを作ってしまったらグリーンフォークで直し、芝を傷つけないように走ってもいけません。

そして同伴競技者のパッティングラインを踏むのもダメです。

全て重要なパッティングを邪魔しないためのマナーです。

 

ゴルフで一番大事なのはプレーファースト

スロープレーと言うのが一番たくさんの人に迷惑をかける行為です。

同じ組にスロープレーの人がいると、同伴競技者は自分のペースを乱されますね。

そして後ろの組の人は、プレー間の待ち時間が長くなります。

さらにはスタート室のスタッフは、全ての組の時間調整に追われます。

その結果、その日プレーしている人たちの休憩時間が極端に長くなるのです。

どうですか…一人のスロープレーがこれだけの人たちに迷惑をかけてしまうのです。

ですからゴルフで一番大事なのは「プレーファースト」なのです

ゴルフは前に進むスポーツなので、ゴルファーの一人一人がプレーファーストを心がけることが大切です。

初心者であれば、打数も多いのでプレー自体は遅くなるかもしれません。
ですが、それ以外のところで時間を節約することができるはずです。

自分の打順が来る前に、次に使うと思われるクラブを2~3本持ってボールの場所へ行くこと。
自分のボールやグリーンへ行く際に歩いた方が早い場合は、カートまで戻らず歩いて行くこと。
そしてホールアウト後はテキパキと行動すること。

これらを気をつけるだけで、十分な時間を節約できるでしょう。

 

ゴルフで一番大事なのはルールを守ること

気の知れたいつもの仲間といつものゴルフ場で…
というゴルフライフを送っている方が、コンペなどに参加すると、無意識にルール違反を犯していることがあります。

確かに、ゴルフのルールとは挙げだしたらきりがない程たくさんあります。
また似たようなルールであっても、状況によって大きく変わる場合もあります。
そしてルール自体が毎年改正されて、追いつくのもやっとです。

全部のルールを覚えろとはさすがに言いません。

しかし分からないときに勝手に判断するのではなく、キャディ付きであればキャディさんに、そうでなければ同伴競技者にルールを確認するようにしましょう。

コンペはイベント感覚ではありますが、順位や賞品も出るちゃんとした競技の一つです。
無意識であってもルール違反をされると、気持ちの良いものではありません。
それがコンペとなると順位にも影響してくるので尚更です。

ですから、ゴルフで一番大事なのはルールを守ることなのです。

そうならないためにも、気の知れた仲間たちとのラウンドでも基本的なルールは守るよう普段から気をつけてください。

 

ゴルフで一番大事なのは心乱させないこと

ゴルフはメンタルのスポーツと言われています。

それでもゴルファーだって人間です。
ミスショットしたりスコアが悪かったりすると、イライラもしますし、落ち込みもします。

きっと何も感じない人は一人もいないでしょう。

そこで大きな差がでるのが、それを表に出すか出さないかです。

イライラしているからと、クラブを投げたり、同伴競技者やキャディさんに八つ当たり。周りはどう思うでしょうか。

落ち込んでいるからと、カートでの移動中や休憩中に一言も話さない。
周りはどう思うでしょうか。

自分の心も乱されているかもしれませんが、そんなあなたの態度に周りはもっと心乱されます。

「ゴルフはメンタルのスポーツ」なので、ショットやスコアに影響することは間違いないでしょう。
あなただけでなく、同伴競技者までも1日のゴルフが台無しになってしまうのです。

心を乱さないことが大事ですが、それを表に出さないのが一番大事。
プロだって、ツアー中にイライラするし、落ち込んだりもします。

それをどう自分でコントロールするかというのが「メンタルが強い」と言うことなのです。

 

全部一番大事だけどその中の一番とは

あれも大事、これも大事と「一番大事」が4つも出ました。

それじゃ一番じゃないでしょ!
と突っ込みたくなりましたか?

しかしこの4つの一番大事に共通していることがあるのですが分かりますか?

それは、

「みんなが楽しんでゴルフをできる」

です。

どれか一つでも守れないと、自分だけでなく周りも楽しくゴルフをできなくなってしまうのです。

不愉快になったり、気持ちが乱れたりしてしまうと、楽しみだった1日のラウンドが台無しになってしまいます。

スコアが悪くても、ミスショットがあっても、最後にみんなで、

「調子は悪かったけど、今日のゴルフは楽しかったねぇ」

と笑って上がれたら最高ではありませんか?

ですから実は、4つの一番大事が揃って成り立つ、みんなが楽しめるゴルフというのが最も大事なのです。

ゴルフ自体は、コースとの戦いであったり自分との戦いであったりと、人と競い合うスポーツではないです。
しかしだからこそ、競技仲間の邪魔をせず、お互いに心地よくラウンドできるというのが必要です。

これはラウンドに限らず練習場でも当てはまることでしょう。

 

ゴルフの一番大事は人それぞれ

上記してきたことは、ゴルフの基本としてみんなに守って欲しいことです。

みんなで一番大事にすることと言った方が良いかもしれません。

もちろんゴルフで何が一番大事かと言うのは人それぞれです。
スコアアップだったり、キレイなスイングを作ることだったり、道具を大切にすることだったりとゴルフのレベルや本気度などで変わってきます。

自分の「一番大事」を他の人が決めることはできないのです。

一番大事=目標

と考えて良いでしょう。

目標を持つとよりがんばることが出来るし、ゴルフに対する意識も変わってきます。

これと言ったものがない人は、一度自分にとってゴルフの何を一番大事にするのかを考えると良いでしょう。

目標だからと言って技術的なことに絞らなくても良いのです。

そうやっていつもと違う角度からゴルフについて考えることも、ゴルフ上達にとって大切なことです。
そして一つ一つの意識を高めていくことで、4つの一番大事を意識せずとも守れるようになるのです。

 

ゴルフに集中できる環境づくり

ラウンドでも練習でも、ゴルフに集中できる環境というのは大切です。
心一つで集中力というのは途切れてしまいます。

その環境を作るのは自分です。
そしてそれが不思議と周りにも影響するのです。

私はエンジョイゴルファーだから…。
は理由にならないです。

何故なら、エンジョイゴルファーも本気ゴルファーも同じところでラウンドするし、練習をするからです。

それを皆さんに忘れないで欲しいです。