ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

中年の趣味=ゴルフを払拭!若者も楽しめる魅力満載のゴルフ

2017.2.18

なかなか抜けない中年の趣味=ゴルフというイメージ。
お金が掛かるというイメージが理由なのかもしれません。

しかし最近は、安価でプレーできるゴルフ場もたくさんあります。
ゴルフにはたくさん素晴らしいところがあります。

ゴルファー人口を増やすべく、ゴルフの魅力を拡散します!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

日本のゴルフ界を発展させた漢字表記のゴルフ用語の役割とは

近代ゴルフの発祥はスコットランドなので、一般的にゴルフ用語は英語でできています。 でも英語を得意と...

全英オープン!世界最古ゴルフトーナメントのバンカーが凄い

世界最古のゴルフトーナメントである「全英オープン」を観たことありますか? なんと150年以上の...

坂田塾の坂田信弘とジュニア出身の石川遼を結びつけたもの

坂田塾で名を馳せた坂田信弘プロと、その坂田式ジュニア育成法を間接的に学んだ石川遼プロ。 この2人を...

ゴルフの真髄でおなじみの俳優渡辺裕之さんがカッコ良過ぎる

人気のゴルフ番組「ゴルフの真髄」は、深堀圭一郎プロと俳優の渡辺裕之さんが毎回バラエティ豊かなゲストを...

気になるゴルフのレッスンプロの人気ランキングを紹介!

ゴルフが上手くなりたい!と思っても誰に習えば良いのか考えますよね。 そこで気になるのがレッスンプ...

女子ゴルフツアーで迷惑をかけずに選手のサインをもらうには

日本女子プロゴルフ協会の努力の甲斐あって、人気うなぎ上りの女子ゴルフツアー。 観戦へ行くと、彼女た...

ゴルフのコンペで発行する領収書に意味はあるの?

ゴルフコンペの幹事役が回ってきたら、もしかするとコンペの領収書の発行人になるかもしれません。 ...

ゴルフでは希少!?レフティはクラブもない?練習場も隅か?

ゴルフでは野球やその他スポーツと違い、レフティ(左打ち)にアドバンテージはなくゴルフ競技人口も少ない...

ゴルフのコーチになればどれぐらいの年収を稼げるのだろうか

身近な練習場にはレッスンしてくれるコーチが所属している練習場も多いと思います。 また、プロを教...

もしも仮に6番ウッドがあったら飛距離と方向性は良くなる?

ゴルファーの皆さん、ラウンドで6番アイアンを使う機会はどれだけあるでしょうか? 6番より前後の...

ゴルフ場で9ホール終了後に待ち時間が長くなるのはなぜ?

ゴルフ場で9ホールが終わると、ハーフの待ち時間が設定されているのが普通です。 事前に告知されて...

ゴルフ全米オープン開催地、ペブルビーチ・ゴルフリンクス

全米オープンを開催するゴルフコースは、大会の5年以上前から大会に向けた準備をしていると言われてい...

ゴルフのレッスンプロの資格【pgaティーチングプロ】

日本でゴルフにおいてプロと宣言できるのは日本プロゴルフ協会(pga)のプロ認定試験に合格したものだけ...

意外と多い勘違いしがちなゴルフ好きな人へのプレゼントとは

ゴルフ好きな両親、上司や部下や同僚、彼氏彼女やお友達。 結構はまってるし、プレゼントはゴルフに関す...

コンパクトカーでゴルフバッグの積み方のコツ!教えます!

車を買うときに、ゴルフを始めるなんて夢にも思ってなかった。 だから燃費が良くて、運転しやすいコンパ...

スポンサーリンク

中年の趣味=ゴルフなイメージの理由

ゴルフをしていると、年配の方が口を揃えて嘆くのが、

「もっと若いときからゴルフを始めておけば…」

です。

趣味として中年世代からゴルフを始め、だんだん年を取ると飛距離にも限界を感じ始めてす嘆きたくなるのです。

若い頃にゴルフを始めていれば、中年くらいでゴルフ全盛期を迎えられますからね。

では何故、若者はゴルフを敬遠してしまうのでしょう。

①ゴルフ=お金がかかるというイメージ。
②朝から夕方までゴルフだけで1日が潰れてしまう。
③楽しめるまで上手くなるのに時間がかかる。
④1人では回れないので、常に一緒にプレーする人を探さなければならない。
⑤そもそも教えてくれる人がいない。
⑥ゴルフ=おっさんのイメージでイケてない。

若者がこのようなイメージを持ってしまうからゴルフを始めないのです。

しかし何故か中年になったらゴルフに対してのイメージが変わります。

だからゴルフの中年率が高い…と言った「鶏が先か、卵が先か」状態なのです。

それでは、若者たちのゴルフに対する間違ったイメージから払拭しましょう!

 

若者よ。今や中年の趣味=ゴルフの時代ではない!①

まず、ゴルフはお金が掛かるスポーツなんて時代遅れのイメージをまず捨てましょう。

これが一番中年の趣味といったイメージを強めているところかもしれません。

バブル期は平日でも1万円を超え、土日祝日ともなると2~3万円くらいは必要としていました。

でもバブルが弾け、現在は平日は5,000円も掛からないところも多く、土日祝日でも1万円以下というゴルフ場もたくさんあります。

1度飲みに出かければそれくらいは軽く使いませんか?

ゴルフラウンドは何も18ホール回る必要はありません。
薄暮プレーといって昼からハーフプレーできたり、早朝からのハーフプレーできたりします。
また「午後スループレー」は昼から一気に18ホール回ることもできます。

ハーフプレーやスループレーは半日で終わる上に、金額も安くなるのです。

1日潰れるなんて古い話はやめてください!

そして上達するのに時間がかかるのはゴルフの醍醐味。
ですから、飽き性の人なんかにはかなり合うスポーツです

ゴルフを楽しむ程度に上手くなるのにはさほど時間を要しません。

ゴルフの面白いところは、楽しむ程度に上手くなると不思議と更にその上を行きたくなるのです。

そうなったら、あなたはもうゴルフにだだハマりしています。

 

若者よ。今や中年の趣味=ゴルフの時代ではない!②

ゴルフの練習へはほとんどの人が1人で行きます。
ゴルフ場も1人予約できるゴルフ場が最近は増えてきています。

1人ラウンドできたり、空いた組に入れてもらったりと1人用の様々なサービスがあります。

とくに仕事が平日にお休みという人は、ゴルフを趣味にすると最高です。
平日は料金が圧倒的に安いですし、ゴルフ場や練習場も空いていることが多いのです。

友達と休みが合わないという方こそゴルフを始めると良いでしょう。

ゴルフを教えてくれる人がいなくても、最近はスマホでレッスン動画を見たり、ネットで検索できたりと、スマホがゴルフを教えてくれます。

若いからこそスマホを上手く使いこなして、ゴルフ上達に繋げられるのではないでしょうか。

ゴルフは中年の趣味というイメージなんてさっさと捨てて下さい。

最近はツアートーナメントでも若い選手の活躍も増えてます。
そしてゴルフウェアもアパレルメーカーの参入もあって、かなりお洒落なものが販売されています。

「ゴルフはイケてない」と思うあなたがすでに「イケてない」ですよ!

JLPGA(日本女子ツアー)の人気もあって最近は若い女性ゴルファーも増えてきています。

若者ゴルファーは間違いなくモテ期到来です!

 

ゴルフを趣味にすることのメリットとは

ゴルフの1番のメリットは人間関係が構築できることにあります。

それはゴルフ経験のある中年世代の方に限らず、若者であっても、退職した人でも、主婦であってもです。

18ホールで約4時間、ランチ1時間とゴルフ場では5時間以上の時間を共にすることになります。

ゴルフは人間性もよく出るスポーツでもあります。
いろいろな方と長い時間を一緒に過ごすことで、濃厚な人間関係が構築できるのです。

むしろこういった趣味を持つとビジネスに役立つことは間違いないです。

みんなが見ている1発目のティーショットやここぞのパッティングではかなりのプレッシャーを感じます。

しかしラウンドを重ねるにつれて、そのようなプレッシャーも跳ね除けられるくらいプレッシャーに強くなれるはずです。

プレッシャーに強くなるというのはゴルフに限らずいろいろな場面で役立つことになるでしょう。

またゴルフほどマナーに厳しいスポーツはありません。
何事でも相手を思いやるマナーやエチケットは人として大切なことです。

また知ったかぶりをするのではなく、先輩ゴルファーや同伴競技者へ分からないことは正直に聞いていくことです。
そういった素直さも社会で大いに役立つ経験になります。

ゴルフを趣味とすると「心が育つ」のです。

 

ゴルフを始めるとリア充

することがない中年の趣味と思われているゴルフですが、ゴルフこそ真の「リア充」です。

ですから、時間を持て余している若者こそ趣味にすべきです!

ゴルフを始めるとあなたの生活でいろいろなことに変化が現れるでしょう。

・早起きしてゴルフや練習に出かけます。

・休みが待ち遠しくなります。

・夜の練習や休日のゴルフのためにと仕事をよりがんばれます。

・ゴルフで充実した疲れを感じるので熟睡できます。

・次のゴルフの予定を考えるだけでウキウキするようになります。

ゴルフを始めると、早くより上手くなりたいという気持ちがどんどん大きくなります。
そうなると四六時中ゴルフのことで頭がいっぱいになってくるはずです。

よく中年サラリーマンのイメージ画で、

「駅のホームで傘でスイング」

といったのがあります。

ゴルフを始めたら、そうしてしまう気持ちが理解できるようになるでしょう。

またゴルフをするだけでなく、ゴルフのためにジョギングや筋トレを始めたりと、自身の健康面にもプラスになることがたくさんあります。

たかがゴルフでそこまで!?
っと思うかもしれませんが、これは年齢に関係なくゴルフをしている方にしか理解できないのです。

 

ゴルフもいまや中年の趣味どころか若い女性の趣味

JLPGAのがんばりもあって、女性ゴルファーの増加が著しいです。

ゴルフ場でも若い女性の姿を良く目にするようになってきました。

中年の男性の組に紅一点といった光景は以前もたまにありました。
しかし最近では、女性だけの組も見かけるようになっています。

ゴルフもいまや女性の趣味にもなってきています。

そういったこともあって、ゴルフ場も女性ゴルファーに向けてのサービスを増やしているところもあるのです。

ランチにケーキバイキングがある日があったり、レディースデーで女性割引があったり、お風呂のアメニティも充実させたりなどです。

ゴルフもネット予約が増えてきているので、口コミでそういった内容が増えてくると、女性もついついクリックしてしまいます。

またゴルフウェアやゴルフ用品なども地味なイメージもなくなり、華やかなものが充実しています。

ゴルフクラブも女性用クラブに色目のものをいれたり、ヘッドにスワロフスキーをあしらったりと、女性を魅了するデザインが増えてきています。

それから女性用クラブであってもアスリート使用のものも出ているので、女性ゴルファーも選ぶクラブの幅が広がっているのです。

若者だけでなく、女性もゴルフを始めるハードルは低くなているので是非挑戦してみましょう!

 

中年の趣味だから何なんだっ!

中年の趣味だからイメージが良くないというのは不思議です。

「ちょい悪オヤジ」とあるくらい、最近は中年の方も格好良いイメージがあります。

実際ゴルフ場にいる中年の方々もお洒落な方が多いです。

ダンディーな方から若々しい方まで!
その上趣味を通り越してゴルフを真剣にしている方が多いので、はっきりいって「中年ゴルファーは格好良い」です。

間違ったイメージを消して、一度ゴルフを覗いてみましょう!

 - その他