プロギアエッグってどうなの?シニアゴルファーに高評価!

小平智プロや原江里菜プロ等が契約しているプロギア、その中でも飛距離にこだわっているモデルがプロギアエッグです。

プロギアエッグといえば、練習場上空から撮影したCMが有名です。

カメラの前をボールがすごい勢いで通り過ぎていくことから、飛距離に特化したモデルイメージがあります。

今回はとくにシニアからの評価が高いそのプロギアエッグについてお話します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフがスコアアップできる練習用の画期的な道具と活用法

ゴルフの練習はスコアアップを願って行うものですが、ただボールを打ってもなかなか上手くならないものです...

重心距離の短いドライバー2016年モデルでスライスを直す!

「スライスが止まらない!」なんて時は、スイング修正が常套です。しかしそんな時に重心距離の短い...

ネタとして一つあると笑いを取れるゴルフの面白グッズの数々

ゴルフを日々真面目に、そして熱心に頑張ることは良いことです。しかしラウンド中に時折笑いが起こ...

ヤマハリミックスのfwって優しい上に尚且つ飛ぶからスゴイ!

ヤマハのfwは昔からソール形状に特徴がありましたね。代々周到しているフリックオフソール。芝か...

【ゴルフの基本】PWとAWはどう使い分ける?どう選ぶ?

ゴルフクラブにはウェッジと呼ぶクラブがあります。基本のアイアンセットに含まれているものがPW...

セカンドショットのゴルフクラブを選ぶなら飛距離がある7w

フェアウェイをキープしてのセカンドショットは絶好のチャンス!しかし短い芝からショットが苦手と...

ゴルフの服装でカッコイイ男性を目指す上手な着こなし術

ゴルフには、服装の決まりが厳しいと言うイメージが大きいようです。しかし絶対にダメ!と言ったものは...

フックするドライバーショットはシャフトが合っていない!

ティーショットでフックが出るようになると、安易にグリップの握り方やスイングを修正しようとしますが...

タイトリストのmbを試打して感じて欲しい人気のワケとは?

タイトリストと言うと世界中のプロが使っているproV1のボールが有名です。しかしアイアンだっ...

多くのプロが愛用しているパッティングチューターの使い方

Drive for the show, putt for the money.ゴルフにおいて...

優しすぎないロマロRay-Vアイアンを試打してみませんか?

ロマロのアイアンと言うと、バリバリの上級者向けなイメージです。実際は適度に優しさと操作性を備...

ミズノのmp55は初心者にも使えるか?敢えて選択すべき理由

ミズノのクラブは基本的に玄人が良く好むクラブとして有名です。ライ角調整ができるアイアンセ...

悩むゴルフコンペの景品選びでオススメの5000円以内の品

ゴルフコンペの幹事になるとやるべきことがたくさんあります。その中で最も悩まされるのが景品選び...

プロ用クラブと一般的な市販品クラブに違いがある?真実は?

都市伝説の様に語られる事の多い、同じメーカーで見た目は同じでもプロに支給されているクラブと市販され...

S300とS200の違いを見分けられるゴルファーはいるのか?

ダイナミックゴールド社のS300とS200シャフトは、カタログの仕様上重量がたった1グラムの違いが...

スポンサーリンク

プロギアエッグのコンセプトは?

まずはエッグというネーミングの由来からです。

プロギアエッグは既成概念にとらわれない発想、飛距離とやさしさに特化した開発姿勢から誕生しました。
常識を疑い、打ち破った「コロンブスの卵」から、このネーミングとなったそうです。

「飛ばし愛」といったキャッチフレーズがあるプロギアエッグ、その言葉のように飛距離に重点を置いたモデルとなっています。

ゴルフをとことん楽しみたい、以前の飛距離を取り戻したい、といったシニアゴルファーに向けて作られた高反発モデルの金エッグや、ルール違反にはならないギリギリのところまで飛距離にこだわった赤エッグの2モデルがあり、どちらにも「飛距離」や「飛ばしたい」といった言葉が多く載せられています。

2007年のeggアイアン発表時からこの飛距離へのこだわりは続いており、その後フェアウェイウッド、ドライバーと発表されました。

プロギアエッグは、飛距離が出ないからもうゴルフをやめようといったゴルファーに、まだまだ長く続けてほしいといった気持ちも含んでいるそうです。

そのような姿勢がシニアゴルファーから多くの高評価をいただいている理由でしょう。

 

ウッドの特徴や評価は?

飛距離にこだわるプロギアエッグ、その中のウッドから特徴を説明していきます。

まずは高反発モデルで評価されている金エッグからです。

金エッグドライバーでは、反発係数0.85以上の高さで、広い高反発エリアが特徴です。
金エッグ専用のパワーフランジ構造で、高反発エリアを広げて、反発力をさらに高めています。

このモデルにはヘッドを軽量化し、46.75インチという長尺設計としたLONG-SPECモデルもあります。

スプーンでも、パワーフランジ構造が採用され、合わせてソール部分に採用されているパワーグルーブの効果で、フェースの下側で打っても、高弾道で飛んでいくやさしさがあります。

次に赤エッグです。
赤エッグでも専用のパワーフランジ構造を採用しており、初速効率を向上させ、振りぬきやすさを実現しました。
金エッグに比べ、フランジ幅を広くすることで高い打ち出し角を実現しています。

フェアウェイウッドは、クラウン部分がへこんだ特長的なモデルです。
そこにCFRPカーボンを採用し、低重心化を進め、打ち出し角を高く、スピンを抑えたボールが打てる設計となっています。

打ち出し角の高さ、低スピンと飛距離に特化している部分が評価されています。

 

ユーティリティやアイアンの特徴、評価は?

次はユーティリティとアイアンです。

プロギアエッグの中で、ユーティリティ単品は赤エッグのモデルしかありませんが、赤エッグフェアウェイウッドの特徴と同様に、クラウン部分がへこんでいます。

トゥからヒールにかけてパワーグルーブを採用し、その後方にウェイトを配置、高打ち出しと低スピンを実現しました。

また、ヘッド幅がコンパクトなので、ラフでも抜けが良く、方向も出しやすいといった評価があるモデルです。

金エッグにユーティリティがない理由はアイアンにあります。

金エッグアイアンは5、6番をユーティリティ形状に設計していますので、安心してショットすることができます。
5~PWまで高反発設計で、中空構造とし飛距離に完全特化しています。
ウェッジでは角溝を採用し、スピンの効いたボールが打てます。

大きく飛ばしてやさしく止めたいといった要望がしっかり詰まっているモデルです。

一方赤エッグでは、ストレートネックに近いアイアンらしいフォルムとなっており、構えた時に安心感があるモデルです。
ソールのたわみや反発エリアを広げ、赤エッグの特徴である高初速を実現しています。

 

プロギアエッグはレディース用クラブも充実!

このように、飛距離を伸ばしたいシニアゴルファーから高評価を受けているプロギアエッグですが、女性ゴルファーからも人気があるのです。

女性ゴルファーも飛距離に悩んでいる人は多いと思います。
もっと飛ばしたいといったゴルファーにはプロギアエッグがオススメです。

合わせて評価されているのが、レディースモデルが充実していることです。

男性モデルにある金エッグのLONG-SPEC以外のモデルでレディースモデルが発売されています。

金エッグ、赤エッグの構造や特徴はそのままに、ロフト角や重量をレディース用に設計しています。
そうすることで、エッグ特有の飛距離性能に合わせて、女性ゴルファーでもしっかり振り抜けるスペックとなっています。

メーカーでも金エッグは女性ゴルファーにこそ使ってもらいたい、赤エッグは女性にも嬉しいクラブと謳っているようにレディースモデルの設計にも力を入れています。

飛距離に悩んでいる女性ゴルファーはプロギアエッグを試してみてはいかがでしょうか。

 

金エッグにおいてはプライベートラウンドに使用を制限してください

飛距離性能に大きなこだわりを持ち、その特徴から高評価が多いプロギアエッグ、飛距離アップが実現できたら、競技にも参加していきたいといったゴルファーも多いはずです。
それはゴルフをさらに極めるといった点で、非常に良い考えだと思います。

ですが、プロギアエッグを使用しているからには、競技に出場する際に注意が必要です。
金エッグモデルのクラブの場合、ウッドとアイアンが高反発設計となっています。
そのため、現在のゴルフクラブヘッドのスプリング効果(SLE)のルール適合外となっています。

また、ウェッジにおいても角溝設計となっており、クラブフェースの溝規制に抵触してしまうので、適合外モデルとされています。

それに対し赤エッグにおいてはルール内で設計されていますので、問題ありません。

この適合外モデルは、ショップで販売している場合、ラッピングしてある部分に「高反発ヘッド」といったシールが貼られています。
また、クラブ自体にも英語表記で刻印されていますので、購入の際は確認してください。
プライベートでの使用はまったく問題ありませんので、金エッグの飛距離性能を存分に楽しんでください。

 

プロギアエッグは試打会やレンタルといったサービスも高評価!

「どのくらい飛距離が違うのか」、「自分もまだまだ飛ばせるのか」といった気持ちが、このプロギアエッグの評価から出てくるのではないでしょうか。

プロギアでは、試打会等のサービスも充実しています。

まず試打会は全国の練習場やショップで開催されています。
また、レンタルサービスも実施しており、ウッド3本、アイアンセット1セットまでが上限ですが、シャフトもバリエーションがあり、3泊4日といった期間なので、実際にコースで使ったり、練習場でじっくり試すことができます。

また、フィッティングも評価が高く、プロギア独自の画像計測技術RED EYES ROBOを駆使して、スイングを的確に測定して、最適なシャフトやクラブを選択し、カスタムしてくれます。

その他ゴルフスクールの経営等、ゴルフに関するすべてのことで力を入れているプロギア、ホームページにはその様々な情報が掲載されていますので、興味をもたれたゴルファーは、ぜひチェックしてみてください。

 

プロギアエッグでまだまだ飛距離は伸ばせます!

ゴルファーにとって飛距離は非常に重要なものだと思います。

前述しましたが、飛距離の低下からゴルフをやめてしまうゴルファーは多いです。

ですが、以前と比べ技術は進歩しています。
落ちてしまった飛距離も、今回紹介したプロギアエッグで取り戻せるかもしれません。

メーカー側もゴルファーに一生ゴルフを楽しんでもらう為に、様々なサービスを提供してくれます。

そのサービスを活用して、楽しいゴルフ人生を過ごしてください。