キャスコドルフィンクラブ、見た目と性能が口コミで評判上々

キャスコと聞くとボールやグローブのイメージが強いですが、かつてはパワートルネードを発売してユーティリティの先駆者となったメーカーで、ゴルフクラブでもその優れた実績は証明されています。

今口コミで評判上々の”ドルフィン”を初めて耳にする人もいるかもしれませんが、今回はこのドルフィンクラブの性能の良さを実際に体験した人の口コミを参考にしながら、どんなところが優れていて評判が良いのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

miyazakiシャフトは面白い!種類を氷・霙・水・霧で細分化!

皆さんはmiyazakiシャフトをご存じですか?ダンロップのゼクシオやスリクソンのカスタムシ...

洗練されたイメージのゴルフメーカー・ヤマハと、契約プロ達

ヤマハゴルフは国内のゴルフクラブメーカーとしては後発ですが、参入当初から洗練されたイメージを持つ...

飛距離が凄くて非公認ボールになったbigyardは本当に飛ぶ?

『bigyard(飛魂!)』のネーミングから飛距離が出そうな感じしますよね。売り場でも『ぶっ飛び...

ウィルソンのゴルフクラブの評判。初心者、女性、男性まで。

皆さんウィルソンというゴルフメーカーを聞いたことはありますか?実はかなり歴史の古いメーカーな...

ゴルフシューズのスパイクレス。防水加工されている優れもの

ゴルフシューズにはたくさんのメーカーがあり、さらにたくさんの種類があります。そのためゴルフショッ...

ゴルフクラブの素材で、チタンとステンレスの違いって何?

現在のゴルフクラブでは、昔では考えられないくらい、ドライバーのヘッドからパターまで色々な素材を使って...

タイトリストap2は初代、710、712、714。そして716へ進化!

タイトリストは昔からアスリートをターゲットにしたメーカーで、シニアや女性は全くターゲットにしていませ...

スパイダーのパターカバーの代用にするには何がオススメ?

テーラーメイドの大人気パターシリーズと言えばスパイダーですよね。そんなスパイダーの正規購入時付...

人気シリーズの8代目となるゼクシオ8アイアンの評価も高い?

2000年に初めて登場したゼクシオモデル。2年に1度しかモデルチェンジしないシリーズですが、現在...

意外に打ちやすい!プロギアアイアンを試打してみて感じた事

使用しているゴルファーがあまりいないせいか、プロギアのアイアンを打つ機会が多くない様に感じられます...

ryoma maximaが入荷待ちになるほどの人気の理由は何かある!

インターネットでryoma maximaと入力すると、検索サジェストで「入荷」が出てきます。それ...

キャロウェイビッグバーサ2014モデルを試打して感じた事

往年の名器といわれたキャロウェイ社のビッぐバーサ。2014年に復活し、多くのゴルファーが試打し購...

正しいパッティングに矯正してくれる練習器具レールとは?

パッティングは自宅で練習することが多いと思いますが、人工芝の上で練習用カップに入れる方法が一般的...

ゴルフ場で残り100ヤードの距離を出せるクラブってあるの?

ゴルフスイングを調整したショットは難しいものです。グリーンまでが残り100ヤードであれば、ぴ...

ゴルフクラブセットで初心者やレディースにおすすめなのは?

数え切れないほどの種類があるゴルフクラブのセット。これから始める人やレディースはどれを選んだらい...

スポンサーリンク

キャスコのドルフィンってどんなクラブ?

キャスコのドルフィンクラブといえば、とくにウェッジが口コミでその使いやすさが広がっていきましたが、実際はどんなクラブなのでしょう。

まず一見してその形状に特徴があります。

ソールのトゥ部分は打球時の抵抗を極力少なくする為にスパッとカットされています。

けれども重量をバランス良く配分することで、カットされたトゥ側でのショットにも対応しています。

センターボディはスリムにすることでフェアウェイやラフからのショットの抜けの良さを実現しています。

そして一番の特徴はヒールのフィン、まさにドルフィンのネーミングにぴったりでイルカのフィンを想像させますね。

見た目だけでなくこのフィンでクラブがボールの下に潜ることを防ぎ、しかも方向性を安定させているのです。

この形状にバンカーやアプローチを易しくする技術が盛り込まれているのです。

シャフトも受注生産対応があり、選択肢が多いのでこだわりのウェッジにできます。

ソールに刻まれたイルカのマークとドルフィンウェッジの文字も可愛くて個性的ですね。

口コミによるとキャスコのドルフィンはバンカーの救世主

キャスコのドルフィンウェッジの口コミの中で一番多いのが、バンカーショットが簡単に打てるということです。

フェースを開いたり、オープンスタンスに構えたり、アウトサイドインのスイングで振り抜くなど難しいことは一切しなくていいのです。

いつものように普通に構えて打つだけで、初心者が上級者のような憧れのエクスプロージョンのバンカーショットが打てます!

そしてドルフィンウェッジを使うとバンカーがプレッシャーにならないので、不思議とバンカーに入る回数も減りましたという口コミもありました。

本当にこれはゴルフあるあるですね。

バンカーや池、谷越えなど嫌だ嫌だと思っているほど何故か吸い込まれるように入っていきます。

とくにキャスコドルフィンウェッジ60度はグリーン周りのアゴの高いバンカー用に作られていて、”ドスン”と振り下ろすだけで、ソールの形状と最適なバンス角、そして重めのクラブバランスの相乗効果によって、あなたをバンカー地獄から救い出してくれます。

キャスコのドルフィン、セッティングも口コミが参考に!

キャスコのドルフィンウェッジはロフト角やネックのタイプなどラインナップが多いので、手持ちのアイアンとの組み合わせのバリエーションも多彩で、セッティングに悩むところです。

そんな悩みも口コミを参考にすると解決できるのではないでしょうか。

多くの人は自身の持っているピッチングウェッジのロフト角を基準にして、後は目的に合わせてセッティングしているようです。

たとえば手持ちのピッチングウェッジが42~45度の人は50度+56度を加えてグリーン際のバンカーや少し距離のあるバンカーに対応したり、またピッチエンドランのアプローチにも使うことができます。

もしくは58度でグリーン際のバンカー、アプローチで高く上げて止めたい時やバンカー越えのアプローチなど、苦手なアプローチに必要なロフト角を選ぶと良いですね。

そしてとにかくバンカーを克服したい人は 60度は外せません。

手持ちのピッチングが46~49度の人は52度+56度を選び、後は先ほどのセッティングを付け足すなど、ウェッジのセッティングで悩みどころは多いですが、やはり口コミは非常に参考になります。

スイングや好みは人それぞれだからこそ口コミが重要

ウェッジのセッティングでは手持ちのピッチングウェッジのロフト角を参考に選んでいる人が多いのですが、それだけではこの微妙な感覚を重視するクラブだけにもう少しヒントが欲しいところです。

そういう場合にもやはり口コミが重要になってきますね。

とにかく抜けがよいので普通に打つだけでバンカーに特化したウェッジ、徹底的に抜けの良さを求めたドルフィンソールで簡単にスピンも掛かりやすいのですが、中上級者やバンカーではフェースを開かないと打ちにくい人もいますし、元々フェースローテーションを意識したスイングの人には使いづらい仕様になってきます。

キャスコのドルフィンウェッジの口コミによると、そんなゴルファーにはD-116ストレートネックモデルが向いているようです。

フェースを開いても楽に打て、スピンの効きも良く、さらに小技の操作性も抜群です。

そんなややこしいことはしたくないし、とにかく楽にミス無く打ちたい派の口コミは、D-113セミグースネックモデルを圧倒的に支持しています。

益々こだわりのウェッジになること間違い無しです。

レディースにも強い味方キャスコのドルフィン

レディースゴルファーの中にはバンカーショットが苦手な人が多いのではないでしょうか?

クラブが少しでも砂に潜り過ぎると、それを振り切るだけの力が女性にはあまり無いからです。

グリーン周りのバンカーはホームランするとOBになるところも多いので、砂を取らずに打つのも危険が一杯です。

打っても打ってもバンカーから脱出できないとスコアもまとまりませんし、心も折れてきます。

口コミではご主人がまず使って凄く気に入ったので奥さんにも勧めたという人。

また、アプローチショットでボールが上がりにくく苦労していたが、キャスコのドルフィンを使うようになってからボールが高くあがりスピンも効くようになったので、思い切ってピンを狙っていけるようになったなどの感想がありました。

女性はショートアイアンでもボールの上がりにくい人も多いので、そんなレディースゴルファーにもキャスコのドルフィンウェッジは強い味方のようです。

レディース仕様もラインナップが多く、フレックスはRになりますが受注生産でLも選択できます。

また男性用の比較的軽めの柔らかいシャフトを使っている人も口コミでは見られました。

ウェッジだけじゃないドルフィンアイアンの口コミ

キャスコのドルフィンといえばウェッジがあまりにも人気なのでウェッジの話ばかりになりましたが、そのウェッジの抜けの良さを継承したアイアンも発売されています。

こちらの口コミも気になるところです。

ドルフィンアイアンの特徴はソールのトゥ側にドルフィンボールと言う丸みを帯びた突起を設けたことにより、ダフってもリーディングエッジが地面に突き刺さるのを抑え、ウェッジでお馴染みのあのヒールのフィンが地面を滑り飛距離のロスを抑えます。

そして番手ごとにソール形状をフロー設計し、安定した飛距離が得られます。

口コミでも高い弾道が得られ、しっかりクラブが球を上げてくれるという内容が多かったです。

スピンの量も良くグングン前に飛んで行くイメージです。

ソールの抜けについては、どんな角度で入っても抜けが良く、フェース下部のミスヒットのカバー力が高いということ。

軟鉄鋳造ボディで、はじき感がありながらもソフトな打感、打音を感じることができるというような感想が多く、打ちやすさ、特にダフリに強いことがわかります。

また抜けが良いのでラフや距離のあるクロスバンカーでも大活躍しそうですね。

”たられば”が現実になるキャスコのドルフィン

ゴルフをしていると「あそこのバンカーで3回も叩かなかったらなぁ」とか「あの時ダフって池に入らなければ」などの”たられば”はつきものです。

それさえ無ければよいスコアで上がれたのにとか、ベストスコア更新が出来たのになんて覚えがありますよね。

とくにグリーン周りのアゴの高いバンカーや、高く上げて止めたいアプローチの場面はスコアに直結する重要なショットです。

そんな、”たられば”をキャスコのドルフィンは現実のものにしてくれます。

その評判は口コミでも数多く語られているので、ウェッジやアイアンを検討中の人は注目必至ですよ。