キャスコドルフィンクラブ、見た目と性能が口コミで評判上々

キャスコと聞くとボールやグローブのイメージが強いですが、かつてはパワートルネードを発売してユーティリティの先駆者となったメーカーで、ゴルフクラブでもその優れた実績は証明されています。

今口コミで評判上々の”ドルフィン”を初めて耳にする人もいるかもしれませんが、今回はこのドルフィンクラブの性能の良さを実際に体験した人の口コミを参考にしながら、どんなところが優れていて評判が良いのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

多くのゴルファーも愛用してるツアースティックの使い方

プロゴルファーの練習風景を見ていると、キャディバッグの中にシャフトと似た長さの棒が挿さっているのを見...

自宅でたっぷり練習できるダイヤアプローチ練習器具TR445

ゴルフでスコアに直結するのはショートゲームです。アプローチで確実にピンに寄せられるようになれ...

ゴルフ女子必見!急な雨に使えるお洒落なウインドブレーカー

天気予報では晴れマーク。そうしてゴルフを楽しんでいると、急に雨が降ってきた!?雨だと知っ...

ドラコンのドライバー飛距離、コブラのドライバーは飛ぶのか

ゴルフギアでしばらくその名前を聞く事があまりなかったコブラですが、最近では海外選手の使用が見られ、そ...

過去の逸品 テーラーメードのr11のアイアンセットのus仕様

テーラーメードのr11シリーズのアイアンをを皆さんは打ったことありますか?こちらのクラブ...

ミズノは日本大手スポーツメーカー。ゴルフのイメージある?

ゴルフクラブを製造しているメーカーは国内外問わずたくさんあります。日本ではダンロップやブリヂ...

三浦技研のアイアン、MB-5005の凄み!一体どんなクラブか?

三浦技研のアイアンはその打感や美しさに定評があり、高額なものが多いです。鍛造アイアンのヘッド...

ゴルフでユーティリティのロフト角はアイアンに合わせよう!

ユーティリティを皆さんはどの位置づけに置いていますか?人によっては、ウッド系、アイアン系と異なる...

ゴルフクラブは20年前のモデルでも現役として使えるのか?

いざゴルフクラブを購入しようとなっても、高額なのでなかなかすぐにというわけにはいきません。初...

オノフアイアン赤2016試打で感じたクラブの進化について

アベレージゴルファーにも優しいオノフアイアンですが、赤2016試打してみた感想は、やさしくまっすぐ...

ゴルフボールにオリジナルマークをつけられる転写シールとは

ゴルフボールにオウンネームやオウンマークのような、自分で加工できるシールが販売されています。また...

飛ぶドライバーは適正なロフト角を調べて選び方の参考に!

飛ぶドライバーが欲しいと願っているゴルファーは多いのではないでしょうか。ドライバーを選ぶ基準はた...

ディアマナwとアヒナの違いってどこ?デザインの違いだけ?

KUROKAGEシリーズ等で有名なシャフトメーカーの三菱レイヨン、その中でも一時期ブームとなったのが...

ゴルフ専用ナビを使ってグリーンの傾斜は読むことができる?

最近のゴルフ事情において、ラウンド中にGPSナビを使用するということが非常に増えてきました。もち...

飛距離が凄くて非公認ボールになったbigyardは本当に飛ぶ?

『bigyard(飛魂!)』のネーミングから飛距離が出そうな感じしますよね。売り場でも『ぶっ飛び...

スポンサーリンク

キャスコのドルフィンってどんなクラブ?

キャスコのドルフィンクラブといえば、とくにウェッジが口コミでその使いやすさが広がっていきましたが、実際はどんなクラブなのでしょう。

まず一見してその形状に特徴があります。

ソールのトゥ部分は打球時の抵抗を極力少なくする為にスパッとカットされています。

けれども重量をバランス良く配分することで、カットされたトゥ側でのショットにも対応しています。

センターボディはスリムにすることでフェアウェイやラフからのショットの抜けの良さを実現しています。

そして一番の特徴はヒールのフィン、まさにドルフィンのネーミングにぴったりでイルカのフィンを想像させますね。

見た目だけでなくこのフィンでクラブがボールの下に潜ることを防ぎ、しかも方向性を安定させているのです。

この形状にバンカーやアプローチを易しくする技術が盛り込まれているのです。

シャフトも受注生産対応があり、選択肢が多いのでこだわりのウェッジにできます。

ソールに刻まれたイルカのマークとドルフィンウェッジの文字も可愛くて個性的ですね。

口コミによるとキャスコのドルフィンはバンカーの救世主

キャスコのドルフィンウェッジの口コミの中で一番多いのが、バンカーショットが簡単に打てるということです。

フェースを開いたり、オープンスタンスに構えたり、アウトサイドインのスイングで振り抜くなど難しいことは一切しなくていいのです。

いつものように普通に構えて打つだけで、初心者が上級者のような憧れのエクスプロージョンのバンカーショットが打てます!

そしてドルフィンウェッジを使うとバンカーがプレッシャーにならないので、不思議とバンカーに入る回数も減りましたという口コミもありました。

本当にこれはゴルフあるあるですね。

バンカーや池、谷越えなど嫌だ嫌だと思っているほど何故か吸い込まれるように入っていきます。

とくにキャスコドルフィンウェッジ60度はグリーン周りのアゴの高いバンカー用に作られていて、”ドスン”と振り下ろすだけで、ソールの形状と最適なバンス角、そして重めのクラブバランスの相乗効果によって、あなたをバンカー地獄から救い出してくれます。

キャスコのドルフィン、セッティングも口コミが参考に!

キャスコのドルフィンウェッジはロフト角やネックのタイプなどラインナップが多いので、手持ちのアイアンとの組み合わせのバリエーションも多彩で、セッティングに悩むところです。

そんな悩みも口コミを参考にすると解決できるのではないでしょうか。

多くの人は自身の持っているピッチングウェッジのロフト角を基準にして、後は目的に合わせてセッティングしているようです。

たとえば手持ちのピッチングウェッジが42~45度の人は50度+56度を加えてグリーン際のバンカーや少し距離のあるバンカーに対応したり、またピッチエンドランのアプローチにも使うことができます。

もしくは58度でグリーン際のバンカー、アプローチで高く上げて止めたい時やバンカー越えのアプローチなど、苦手なアプローチに必要なロフト角を選ぶと良いですね。

そしてとにかくバンカーを克服したい人は 60度は外せません。

手持ちのピッチングが46~49度の人は52度+56度を選び、後は先ほどのセッティングを付け足すなど、ウェッジのセッティングで悩みどころは多いですが、やはり口コミは非常に参考になります。

スイングや好みは人それぞれだからこそ口コミが重要

ウェッジのセッティングでは手持ちのピッチングウェッジのロフト角を参考に選んでいる人が多いのですが、それだけではこの微妙な感覚を重視するクラブだけにもう少しヒントが欲しいところです。

そういう場合にもやはり口コミが重要になってきますね。

とにかく抜けがよいので普通に打つだけでバンカーに特化したウェッジ、徹底的に抜けの良さを求めたドルフィンソールで簡単にスピンも掛かりやすいのですが、中上級者やバンカーではフェースを開かないと打ちにくい人もいますし、元々フェースローテーションを意識したスイングの人には使いづらい仕様になってきます。

キャスコのドルフィンウェッジの口コミによると、そんなゴルファーにはD-116ストレートネックモデルが向いているようです。

フェースを開いても楽に打て、スピンの効きも良く、さらに小技の操作性も抜群です。

そんなややこしいことはしたくないし、とにかく楽にミス無く打ちたい派の口コミは、D-113セミグースネックモデルを圧倒的に支持しています。

益々こだわりのウェッジになること間違い無しです。

レディースにも強い味方キャスコのドルフィン

レディースゴルファーの中にはバンカーショットが苦手な人が多いのではないでしょうか?

クラブが少しでも砂に潜り過ぎると、それを振り切るだけの力が女性にはあまり無いからです。

グリーン周りのバンカーはホームランするとOBになるところも多いので、砂を取らずに打つのも危険が一杯です。

打っても打ってもバンカーから脱出できないとスコアもまとまりませんし、心も折れてきます。

口コミではご主人がまず使って凄く気に入ったので奥さんにも勧めたという人。

また、アプローチショットでボールが上がりにくく苦労していたが、キャスコのドルフィンを使うようになってからボールが高くあがりスピンも効くようになったので、思い切ってピンを狙っていけるようになったなどの感想がありました。

女性はショートアイアンでもボールの上がりにくい人も多いので、そんなレディースゴルファーにもキャスコのドルフィンウェッジは強い味方のようです。

レディース仕様もラインナップが多く、フレックスはRになりますが受注生産でLも選択できます。

また男性用の比較的軽めの柔らかいシャフトを使っている人も口コミでは見られました。

ウェッジだけじゃないドルフィンアイアンの口コミ

キャスコのドルフィンといえばウェッジがあまりにも人気なのでウェッジの話ばかりになりましたが、そのウェッジの抜けの良さを継承したアイアンも発売されています。

こちらの口コミも気になるところです。

ドルフィンアイアンの特徴はソールのトゥ側にドルフィンボールと言う丸みを帯びた突起を設けたことにより、ダフってもリーディングエッジが地面に突き刺さるのを抑え、ウェッジでお馴染みのあのヒールのフィンが地面を滑り飛距離のロスを抑えます。

そして番手ごとにソール形状をフロー設計し、安定した飛距離が得られます。

口コミでも高い弾道が得られ、しっかりクラブが球を上げてくれるという内容が多かったです。

スピンの量も良くグングン前に飛んで行くイメージです。

ソールの抜けについては、どんな角度で入っても抜けが良く、フェース下部のミスヒットのカバー力が高いということ。

軟鉄鋳造ボディで、はじき感がありながらもソフトな打感、打音を感じることができるというような感想が多く、打ちやすさ、特にダフリに強いことがわかります。

また抜けが良いのでラフや距離のあるクロスバンカーでも大活躍しそうですね。

”たられば”が現実になるキャスコのドルフィン

ゴルフをしていると「あそこのバンカーで3回も叩かなかったらなぁ」とか「あの時ダフって池に入らなければ」などの”たられば”はつきものです。

それさえ無ければよいスコアで上がれたのにとか、ベストスコア更新が出来たのになんて覚えがありますよね。

とくにグリーン周りのアゴの高いバンカーや、高く上げて止めたいアプローチの場面はスコアに直結する重要なショットです。

そんな、”たられば”をキャスコのドルフィンは現実のものにしてくれます。

その評判は口コミでも数多く語られているので、ウェッジやアイアンを検討中の人は注目必至ですよ。