ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

一目でわかるあなただけのオリジナルパターカバーを作ろう!

2017.1.5

最近では購入の際に付いてくるカバーでも十分かっこよく機能的なものが多いです。

しかしオリジナルのカバーを作ることで便利なことはたくさんあります。

デザイン等悩む人もいるかもしれませんが、いまやIT時代です。

完全オリジナルと言っても作成を上手に導いてくれるでしょう。

今回はオリジナルカバーでもパターカバーに注目してみましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

やや高めの打ち出し角ツアーADBB5に合うヘッドスピード

歴代グラファイトデザインシャフトの中でも上級者が好むツアーADがBBシャフト。 そのスペックの...

スライス防止のためには自分に合ったシャフト選びが鍵になる

柔らかいシャフトを使うとダウンスイングでシャフトは大きくしなります。 当然この時、シャフトは元...

人気シリーズの8代目となるゼクシオ8アイアンの評価も高い?

2000年に初めて登場したゼクシオモデル。 2年に1度しかモデルチェンジしないシリーズですが、現在...

スリクソンのマッスルバックアイアンは誰でも使いやすい?

松山英樹プロが契約しているダンロップ。 そこのモデル、スリクソンはプロはもちろんアマチュアの間でも...

ゴルフブランド関係なく蔓延してるドライバーの偽物にご用心

ドライバーに限らず、ゴルフクラブとは高額なものが多いです。 しかし皆さんは、ゴルフ上達のために...

インパクトに差がある。ドライバーとアイアンの違いを理解して。

ゴルフではすべてのクラブで同じスイングが出来るとシンプルで覚えやすく上達も早いと思います。 だから...

ドラコンのドライバー飛距離、コブラのドライバーは飛ぶのか

ゴルフギアでしばらくその名前を聞く事があまりなかったコブラですが、最近では海外選手の使用が見られ、そ...

タイトリストはカッコイイけど初心者には難しいアイアン?

キャディバッグにさりげなく入っているだけでもカッコイイのがタイトリストのアイアンです。 昔から...

ゴルフ用の練習マットでラフからの練習になるものはあるの?

打ちっぱなし練習場で日々練習を積んでいる人。 練習場に限りシングルゴルファーのようにナイスショット...

いろいろあるゴルフバッグで練習用とは一体何なのでしょう?

ゴルフショップやネットでゴルフバッグを検索すると、いろいろなタイプのゴルフバッグが出てきます。 大...

ミズノのmp55は初心者にも使えるか?敢えて選択すべき理由

ミズノのクラブは基本的に玄人が良く好むクラブとして有名です。 ライ角調整ができるアイアンセ...

ゴルフバッグのネームプレートを100均商品で自作してみよう

ゴルフバッグをカートに積み込むのは、ゴルフ場のスタッフがやってくれます。 提出したスタート表と...

【ゴルフクラブの名器】フォーティーンMT-28V2ウェッジ

フォーティーンMT-28の2代目として発売されたMT-28V2ウェッジ。 MT-28の初代も名器と...

miyazakiシャフトは面白い!種類を氷・霙・水・霧で細分化!

皆さんはmiyazakiシャフトをご存じですか? ダンロップのゼクシオやスリクソンのカスタムシ...

脱3パット!パッティングでの正しいグリップの握り方と選び方

プロのトーナメントやゴルフ雑誌、ネットなどでパッティングを見てみると色々なグリップの握り方を見ません...

スポンサーリンク

パターの種類

パターはドライバーやアイアンと違って様々な形状のものがあります。

大きく分類されるパターのヘッドの形状は、「ピン型」「マレット型」「ネオマレット型」です。

「ピン型」は、パターの基本型です。

操作性に優れ、スイートエリアが広く、ターゲットに対して構えやすいのが特徴です。

近年はピン型以外のタイプが主流になってきていますが、バランスの取れた万能タイプのパターです。

「マレット型」は、通称「かまぼこ型」と呼ばれています。

比較的癖がなく、万人受けするパターと言われています。

真っ直ぐに打ち出しやすく、ヘッドの重さで距離を出すことができるパターです。

「ネオマレット型」は、近年主流になりつつあり、多くのツアープロが使用しています。

真っ直ぐ打ち出しやすく、ヘッドの重さで距離を出し、形状がスクエアに近いので方向性が出しやすく、ミスに強いパターです。

3つともヘッドの形状や大きさが全く違うので、パターカバーの形状も違ってきます。

同じブランドでもパターの形状に合わせたカバーがあるので確認しましょう。

オリジナルカバーを作る際は、特に「マレット型」と「ネオマレット型」を間違えやすいので注意しましょう!

パターカバーの種類

パターカバーの種類には形だけでなく、素材の種類も様々です。

最も多い素材が、レザー・ビニール素材です。

耐久性もあり、保護力もあるので人気の高さに伴ってこの素材が一番種類が豊富です。

パターカバーだけでなく他のカバーでも多く使用されているのが、ニットと動物・キャラクターものです。

他のカバーとのセット販売であったり、バランスを考えて購入する人が多いので、この素材のものもレザー・ビニールほどではないですが、多めに取り扱われています。

素材でオリジナル感を出すには、少数派であるファブリックとボア素材があります。

パターでこの素材は販売も使用もほとんど見かけません。

特別感を出したいのなら、これらの素材を選択するのも良いでしょう。

レザー・ビニール系の素材の物は、購入した時についてくるタイプとして最も一般的なものなので、丈夫さはもちろん価格も高額なものではありません。

ただあまりにも安価なものを選んでしまうと、硬めで安っぽいデザインの物になってしまうので注意しましょう。

オリジナルパターカバーの価格

オリジナルパターカバーの価格といってもピンからキリまであります。

どの素材を使うか、どこまでオリジナルにするか、どのようなオリジナルにするかで価格は大きく変わってきます。

オリジナルと言っても、一般的に販売されているものに自身のロゴや名前を入れるだけのものであれば、オリジナルであっても価格を抑えることができます。

そういったものであれば、5,000円弱くらいになります。

最も高価な物であると、手編みニットのオリジナルになります。

安くても10,000円超えとなりますが、手編みということもあって正に世界で一つだけのオリジナルカバーになるので、他の人と絶対に被らない完全オリジナルとなります。

レザー・ビニール系素材でも完全オリジナルパターカバーを作ることができます。

デザイン画などが得意な人には、このようなものも程よい価格で作ることができるのでオススメします。

中には、ある程度準備されたデザインの中から自分で選ぶことができ、そこにネームやロゴを追加できるものもあります。

そういったものでも5,000円弱で作ることができます。

一般に販売されているブランドやキャラクターのカバーの価格に+αと考えると良いかもしれませんね。

一般に販売されているものでもパーリーゲイツなどのブランドになると、オリジナルでなくても10,000円を超える物もあります。

プレゼントにオリジナルパターカバーを

ゴルフを始めたばかりの人やゴルフ仲間へのプレゼントとしても、オリジナルパターカバーはオススメです。

その人の好み等に詳しいのであれば、デザインからネーミングまで完全オリジナルのものをプレゼントするのも良いでしょう。

あまり好みがわからないようであれば、無難なデザインに本人の名前を入れる軽いオリジナル感を出したものでも良いでしょう。

大会やコンペなどに参加するのにチームでお揃いのオリジナルパターカバーを作るのも良いですね。

あまり高価なものである必要はないので、みんなで話し合って好みのデザインに仕上げると良いでしょう。

また還暦のプレゼントに赤いパターカバー、古稀であれば紫など、その時々の意味を込めた物をプレゼントするのも良いです。

使わず、飾るだけでも素敵だし、喜ばれること間違いなしです。

注意して欲しいのが、本人がどの形状のパターを使っているかですね!

ピン型を使用している人にマレット型のカバーをプレゼントしても使いようがありませんから。

オリジナルでいろいろなカバーを

オリジナルカバーは、パターカバーに限らず、ドライバーやUT、アイアンとそれぞれ作ることができます。

セットで購入すると安くなる場合もあります。

また、ゴルフバッグの中の統一感も出てきますよね。

購入時に付いてくるヘッドカバーをそのまま使用すると、メーカーによってバラバラなので、統一感がなくなります。

同メーカーであっても年式が違うとデザインも変わってきます。

アイアン用のヘッドカバーをする人は多くはありませんが、種類としては2種類あります。

ウェッジとアイアンセットのヘッドの部分を一まとめにカバーするものと、個々のアイアンのヘッドにするものがあります。

一まとめにしたカバーの方が使い勝手は良いでしょう。

しかし個々のものであれば、アイアンに傷が付くことは絶対と言ってよいほどないでしょう。

どちらを選ぶかは個人の好みによります。

価格は二つともさほど差はありません。

ドライバーからアイアン、パターまでオリジナルカバーにしたら、ゴルフ場で目立つこと間違いなしです!

オリジナルにすることで盗難防止になる!

意外と多いのがゴルフ場での盗難事故です。

ゴルフ保険の補償にも入っているくらいです。

同じゴルファー、スポーツマンとして信じたいのですが、残念なことです。

特にスコッティーキャメロン等の高額なパターになると狙われやすいようです。

それを守ってくれるのが、「オリジナルカバー」です。

まずオリジナルカバーであれば、使っているパターのブランドや種類がわかりません。

珍しいカバーであれば、他の人が持っていれば盗まれたものだというのが一目瞭然です。

よく行くゴルフ場であれば、スタッフがあなたのオリジナルカバーを覚えている可能性もあります。

また盗難だけに限らず、落とした場合などでもスタート室やフロントに届く可能性はかなり高いです。

オリジナル度が高ければ高いほど、盗む人にとっては避けたいものになるでしょう。

また同じメーカー・年式等完全イコールのものであっても、カバーが一人違えば自分のものだとすぐに判断することができます。

オリジナルカバーは、お洒落な上に盗難・紛失防止になると一石二鳥です!

オリジナルカバーでゴルフ愛を示そう!

オリジナルというだけで高価そうだし敬遠してしまいがちです。

しかし最近はネットを使って、たくさんあるデザインの中から選んでデザインするものもたくさん出ています。

また名前一つでも書体を選べるので、人と被らないお洒落なオリジナルカバーを作ることができます。

オリジナルカバーを作ることで、クラブへの愛着も増えてくるでしょう。

道具を大切にする人は必ずゴルフも上手になります。

一度低額なものでもいいのでオリジナルカバーを作ってみることをオススメします!

 - クラブ・パーツ・用品