ミズノのフィッティングって何?その詳細と評判とは?

貴方はクラブフィッティングを試して見た事がありますか?

ミズノフィッティングセンターでは”SWING DNA”を発見し、ゴルファーのスイングの個性を知りクラブを選ぶ事でスイングが良くなる可能性を追求しています。

”SWING DNA”を測定した後、現在のあなたのスイングと理想のスイングの違いを専任のフィッターによるクラブフィッティングで理想に近づけて行きます。

でも”SWING DNA”って聞きなれない言葉だけれど何なのでしょう?

今回はミズノフィッティングの詳細とその評判を見てみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

全英オープン!世界最古ゴルフトーナメントのバンカーが凄い

世界最古のゴルフトーナメントである「全英オープン」を観たことありますか?なんと150年以上の...

No Image

一世を風靡したハニカミ王子とハンカチ王子のその後の真実

高校生プロゴルファーとしてデビューしたハニカミ王子こと石川遼選手。甲子園を沸かせ東京六大学では「...

冬はコースの芝が枯れるのでグリーン周りゴルフが難しくなる

日本のゴルフコースは冬の間芝が枯れますよね。ラフは芝が伸びないので打ちやすくなるメリットがあ...

基本中の基本。子供にゴルフを教えるには、まずグリップから

これからゴルフを始める子供には、基本からしっかり教えたいですね。ゴルフクラブと唯一の接点はグ...

ゴルフで握りをすると賭けの対象になって大変なことになる!

ゴルフにおいては発展の一役を担ったとも言われる握り、つまり勝敗を賭ける行為ですが、現在は賭博と認...

杉原輝雄!人生に役立つ小さな巨人が放った珠玉の名言の数々

杉原輝雄(すぎはらてるお)(1937~2011)は身長わずか162㎝のプロゴルファーでした。そ...

ゴルフコンペに誘われたけれど行きたくない場合の断わり方

休みなのに業務命令でゴルフコンペに参加して欲しいと言われたら、会社勤めの身であれば簡単に断わるこ...

札幌近郊で安くゴルフをしたいなら早朝スルーや薄暮が狙い目

北海道へゴルフ旅行。食事も楽しみたいけれど、せっかくなのでゴルフ三昧したいですよね。でもゴルフ...

ゴルフ場で9ホール終了後に待ち時間が長くなるのはなぜ?

ゴルフ場で9ホールが終わると、ハーフの待ち時間が設定されているのが普通です。事前に告知されて...

ゴルフによる左手のしびれの原因とその対策法まとめ

ゴルフをしてると左手にしびれの症状を感じることがあります。しびれは「この部分」と特定しづらく...

女子ゴルフ界を隆盛に導いた宮里藍と横峯さくらの不思議な仲

宮里藍と横峯さくらは同学年で、ジュニア時代はお互いが切磋琢磨して活躍していました。先にプロの世...

社会人対抗のゴルフ競技に参加するのにはマナーが必要

社会人対抗のゴルフ競技に参加したことはありますか?ローカルエリアの競技会は、さながら運動会の...

今から入会!関西のゴルフサークルで広げよう!ゴルフの世界

ゴルフを始めてみたいけど周囲にしている人がいない、仲間と休日が合わなくてゴルフに行く機会がなかなか無...

ゴルフでは希少!?レフティはクラブもない?練習場も隅か?

ゴルフでは野球やその他スポーツと違い、レフティ(左打ち)にアドバンテージはなくゴルフ競技人口も少ない...

ゴルフが熱い!社会人女子ゴルファー急増中のワケは一体!?

近年ゴルフ人口減少が問題とされています。しかしそんな中、社会人女子ゴルファーが急増しています...

スポンサーリンク

ミズノフィッティングの要”SWING DNA”とは?

ミズノのフィッティングへ行くとまず貴方の”SWING DNA”を見つけます。

あまり聞き慣れない言葉だけれど”SWING DNA”とは、ゴルファーが生まれながらにして身についているゴルフスイングのクセや特徴のことです。

”SWING DNA”を見つけることは、小さな時からの生活習慣や運動経験などによって身体に染み込んだ、その人特有のスイングの個性を知ることです。

これは、筋力の増減や病気、ケガから受ける影響を除いては、ゴルフのレベルがアップしても極端に変わることはありません。

”SWING DNA”は、見つけることでゴルフが上手になるというものではなく、見つけて知ることで自分にぴったりなクラブが見つかりレベルアップの要因となるのです。

言葉は難しそうですが、測定するのは複雑ではありません。

ミズノのフィッティングはその決め細やかな対応が評判です。

シャフトオプティマイザーと呼ばれるミズノが開発した計測機器を使い3~5回ほどスイングするだけで数値が出ます。

ウッドなら6つ、アイアンなら5つのパラメーターを測定し、あなただけの”SWING DNA”を導き出していくのです。

初心者の頃と上級者になってからの数値を比較しても、スイングスピード以外はほとんど変わりません、だからDNAなんですね。

ミズノフィッティングの流れ【6つの要素】

ではフィッティングはどのように行われるのかウッドフィッティングから詳細に説明して行きましょう。

まず専用の計測器「シャフトオプティマイザー」を使って6つのスイング要素を測定していきます。

そしてあなた固有の”SWING DNA”を見つけます。

6つのスイング要素とは

1…ヘッドスピード インパクト直前のヘッドの速さのことです。

2…スイングテンポ トップでのシャフトのたわみの量を測定します。

3…トゥダウン インパクト直前のトゥダウン方向のシャフトたわみの量を測定します。

4…前反り角 インパクト時にシャフト前方向(飛球方向)に反る角度のことです。

5…しなりスピード インパクト直前のシャフトのしなりの戻りの速度を測定します。

6…スイング半径 インパクト直前のクラブの回転の中心からヘッドまでの距離を測定します。

この数値を元にあなたの”SWING DNA”を見つけ、あなたのスイングに最適な理想のクラブを組み上げていきます。

この”SWING DNA”がミズノフィッティングの評判の良さを支えています。

ミズノフィッティングの流れ【最適スペック選択】

6つのパラメーターから”SWING DNA”を導き出したらそれを参考にして貴方に最適な硬さのシャフトを選んで行きます。

いくつかのシャフト候補にヘッドを組み合わせ、それぞれを実際に試打していきます。

試打を繰り返しながらそのスイング感を確かめると同時に、フェースの打点位置や打球の軌道などからシャフトの硬さが合っているかをフィッターがチェックします。

お互いの意見を交わしながら、シャフト候補の中から”SWING DNA”に最適の1本を決定していきます。

次にグリップも”SWING DNA”を参考にして最もマッチするものを選択します。

自分の手のフィーリングにいちばん合うグリップを選ぶということは良いショットを放つために必要不可欠な条件の一つです。

ミズノのウッドフィッティングでは、太さの違うタイプのグリップを、あなた自身のフィーリングで自由にセレクトできます。

こうしてあなたの”SWING DNA”から導かれた、ベストクラブが完成するのです。

そしていよいよ最終チェックの試打をします。

評判通りに自分に合ったクラブかどうか期待と緊張が入り混じった瞬間ですね。

放たれたショットが理想の軌道を描くなら、それはあなたの”SWING DNA”にクラブがマッチしている証しです。

ミズノのフィッティングシステムなら、これらの一連のプロセスが「シャフトオプティマイザー」を使用することで30分位で終了します。

アイアンのフィッティングでも評判のミズノ

アイアンでは5つのスイングパラメーターを計り、あなたの”SWING DNA”を見つけます。

アイアンの”SWING DNA”は、ウッドの時にも説明しましたが「ヘッドスピード」「スイングテンポ」「トゥダウン」「前反り角」「しなり係数」という5つの要素で構成されています。

ウッドのフィッティング同様この数値から導かれた”SWING DNA”よりシャフトとヘッドを組み合わせていきます。

ミズノのアイアンの試打用クラブは、独自のシャフト取り替えシステム「インターチェンジアブルシャフトシステム」というものによって、実に数百通りものシャフトとヘッドの組み合わせが可能です。

このインターチェンジアブルシャフトシステムにより、その場でヘッドを取り替えて試打することができるので、候補のシャフトに最も相性のいいヘッドが、すぐに見つけることができます。

そしてライ角を微調整して、クラブをあなたの”SWING DNA”に近づけます。

ライ角はボールの飛び方向に影響する非常に重要な要素です。

たとえシャフトとヘッドの相性が良くても、ライ角があなたのスイングに合っていないと、狙った通りのショットを打つ事は難しくなります。

ライ角をあなたのスイングに近づけるために、組み合わせたシャフトとヘッドで実際に試打しながら、フィッターがその打点の位置を確認し、あなたの”SWING DNA”にジャストのライ角になるよう、丁寧にヘッドを微調整していきます。

その後グリップを選択してシャフト、ヘッド、グリップを組み合わせたクラブで試打をして、イメージ通りのショットを打つことができれば、あなたの”SWING DNA”から導き出されたベストクラブの完成となります。

ミズノのアイアンの性能の高さはすでに「YORO JAPAN」の評判でお馴染みですね。

細やかな対応で評判のミズノフィッティングのフィッターって?

これまで”SWING DNA”の見つけ方からフィッティングまで詳しく説明をしてきましたが、このミズノのフィッティングにはフィッターがとても重要です。

ではミズノのフィッターとはどんな人なのでしょう。

その評判も気になるところです。

測定から割り出されたデーターを元に数字だけに頼りマニュアルを見ながらクラブを選択するのではフィッターとは言えません。

ミズノでは、必ずフィッターという”人”が中心になって、理想の弾道や飛距離の実現に近づくクラブを選び出すお手伝いをしてくれます。

貴方のゴルフに最適な1本をミズノのフィッターが共に探求し、自信を持って勧めてくれます。

単に数値からはじき出されるデーターのみに頼らず、経験と知識の豊富な認定フィッターが”SWING DNA”を基に貴方の感性はもちろんのこと、フィッターがそのもてる知識と経験を十分に活かして、数百通りの組合わせの中から最適なクラブを提案するのです。

ミズノフィティング体験とその評判

ミズノのフィッティングはフィッティングセンターへ行ってすることもできますが、各地のゴルフショップなどでフィッティング会というのも開催されていて毎回高評判です。

実際にフィッティングを体験した人の感想を聞いてみると、自分に合っていると思っていたシャフトが実は合ってなかったり、シャフトの重さがスイングに合っていないなど色々な発見があるようです。

自分のスイングの基本的な部分を知り、それによってクラブを適正にすることで、練習にも更に集中できると思うのでオススメという意見もあります。実際に試した人の評判は説得力がありますね。

もちろん診断した結果は全て印刷して渡してくれますので、これを持ってミズノのクラブを買うのも、診断結果を元に他メーカーのクラブを買うのも、今持っているアイアンのリシャフトをするも自由で、決してフィッティングをしたからクラブをオーダーしなくてはいけないということではないようです。

ミズノのフィッティングは評判通りの結果が出る

ここまでを振り返ってみるとクラブのフィッティングというのはゴルフを続けていく上で本当に大切なことだというのが良く分かります。

どのレベルのゴルファーが行っても数値に基づいた適正な診断が出るので、上達してからとかスイング改造中とか調子が悪いとかはあまり関係も無いし意味もないことなのです。

実際クラブによって球筋は変わるものなのです。

シャフトオプティマイザーという小さな計測機で何球か打って、その表示された数値をパソコンに入力するだけで、自分に合うシャフトが分かってしまうのです。

もちろんそこにフィッターという人的な力があってこその数値です。

アイアンでよくトップしていたのは、これまでのシャフトが軽すぎることに原因があったとか、スイングであれこれ頑張っていたのに上達しないのは自分のせいじゃなかったなど フィッティングのおかげでゴルフが変わったという評判は数多くあります。

どうしてもゴルフの暗く狭い路地で迷ってしまって抜け出せないという貴方、もちろん最近始めたばかりの貴方も一度ミズノフィッティングセンターを訪れてみてください。

その評判の高さが実感できるはずです。