ゴルフズボン丈、気にしている?ドレスコードが厳しいと×!

ゴルフは紳士のスポーツと言われていて、服装に対して決まりがあります。

これをドレスコードと言います。

皆様はドレスコードを意識していますか?

ドレスコードを守りつつ最大限オシャレにカッコよく決めたいですよね。

ズボン丈が合っていないと周りからダサいと思われてしまうかもしれません。

今回はドレスコードについてお話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフカート転落事故に遭遇する原因と起さないための対策

ゴルフ場でのカートの転落は重大事故につながる恐れがあります。カートから転落する、カート自体が...

女子ゴルフトーナメント会場で選手のサインボールを貰おう!

各地で行われるツアートーナメント。中でも人気の高い女子ゴルフトーナメントは、年間38試合もありま...

ゴルフカートのオススメは自走式?リモコンや手引きカート?

ゴルフにおけるラウンドと言えば、昔はキャディーさんと歩きのラウンドが一般的でした。しかし現在...

ゴルフのルールにないバンカーレーキの立場と扱い方

ゴルフのルールでバンカーの砂を均す道具「レーキ」の扱いが微妙です。バンカーの中にレーキがあり、...

ハンデが0スクラッチは公正の理念に則ったゴルフ本来の意味

スクラッチという言葉、ゴルフで用いられる意味でゴルファーなら知っているか聞いた事のある言葉ではない...

ゴルフ場受付時のマナーと言われるジャケット着用の是非

ゴルフ場でのマナーとされるジャケット着用ですが、実際に着ていないで受付をするとマナー違反なのでし...

名門ゴルフ場を利用する時に準備しなければならない服装

名門のゴルフ場を運良く予約できたら、まずは服装について確かめておきたいものです。名門と呼ばれ...

夏のゴルフの服装でアンダーウェアを着るのはマナー違反?

ゴルフコースでアンダーウェアを着ているのを見ると不愉快ですか?アンダーウェア1枚だけであれば...

知らなければダメ!ゴルフルール上の1ペナの注意点と数え方

ゴルフのルールの中で、1ペナと2ペナの2つの罰があります。スコアメイクを考えれば1つでも罰を減...

ゴルフの順位の決め方、アマチュアの競技とツアープロの場合

アマチュアゴルファーのゴルフスタイルとしては、趣味や健康のためにゴルフを楽しむ人と、所属クラブやゴル...

意外と多いゴルフのバンカーに科せられるペナルティの数々

バンカーはゴルフコースに設置されたハザードの一つです。実はバンカーからボールを打つ場合、きち...

あわやペナルティ!石川遼の似顔絵入りボールを拾う珍事件!

「ハニカミ王子」の名で15歳で一躍ゴルフ界の人気者になった石川遼。老若男女、ゴルフ好きからゴルフ...

各ゴルフ場で行われる月例杯や競技会でのスコアカード書き方

ゴルフ場の会員になると参加できる月例杯や月例競技会があります。これは毎月ゴルフ場主催で開催さ...

ゴルフは審判不在ゲーム!ルール遵守!でも楽しむのもあり。

ゴルフには規定にも載っているような競技ルールとは別のものがあります。それは、ゴルフ仲間等内輪で楽...

ゴルフのプレーでショットガン方式は洋式だが効率的である!

日本国内のゴルフ場ではほとんどないプレー形式であるショットガン方式ですが、海外特にアメリカでは一般...

スポンサーリンク

ゴルフのドレスコードの成り立ち

ゴルフはもともと上流階級の人々が、社交場に隣接したホールでプレーをしていたことが原型と言われます。

初期ゴルフの発展に貢献したスチュアート王家は、マナーにとても厳しく、次のような家訓がありました。

「相手に敬意を払い、周囲に不快感を与えない服装こそ”作法”の第一と知るべし。服装は自分のために非ず、相手に対する衷心からの礼儀なり」

ゴルフのドレスコードはスチュアート家によりマナーが確立されているのです。

身だしなみの本質はそれを見た相手がどのように感じるかが重要であるということです。

ですから、規則のゴルフでは、機能性より儀典性がより重要であるとされるようになりました。

ネクタイにスーツ姿でゴルフ、なんて機能的に現在のゴルフでは考えられないですよね。

たとえ窮屈でも我慢するしかなかったのです。

そこが現代に近づくことになったのが、1888年、ニューヨーク郊外にアメリカ最古のゴルフ場、その名も”セント・アンドルーズゴルフクラブ”の誕生です。

東海岸でのゴルフが普及していくにつれ、猛暑に耐えられるよう、スーツが脱ぎ捨てられ、ネクタイが解かれ、ワイシャツの袖が半分に切られ、ズボンの丈まで短くされました。

ゴルフのズボン丈が長すぎる、短すぎるはドレスコードでダメ?

ラウンド時のドレスコードはゴルフ場によって差があります。

緩めのドレスコードのところもありますが、とても厳しいゴルフ場もあります。

初めて行くゴルフ場では事前に確認しておくことが大事です。

格式高いゴルフ場では、ズボンやスカートの丈にも言及しているところがあります。

「露出度の高い服装(タンクトップ、ショートパンツ、極端に短いスカート)」を禁止しています。

しかしズボンの場合は短いものが必ずしもダメというわけではありません。

特に女性はスカートスタイルのゴルフウェアなどもあるので、だいたいのゴルフ場では許可されています。

気をつけて欲しいのは、スカートやショートパンツの場合は男女共に、ハイソックスは必須です。

ズボンの丈くらい!と思う方もいるかもしれませんが、これはドレスコードであると同時に、ボールを追って茂みなどに入ったときの虫除けや危険防止にも繋がります。

またゴルフ場によって入場時のドレスコードを指定しているところもあるので気をつけましょう。

ゴルフシューズの厚みを考慮した正しいズボン丈の測り方

ズボンを購入する際は、ゴルフショップであればショップにあるゴルフシューズを履いて、そうでなければ面倒臭いかもしれませんが自身のゴルフシューズを持参してズボンの丈を測るのが良いです。

見映えの良さを考えると足の長さというのが関係してきます。

ゴルフシューズを履いた際に、足が長い人ならやや長めに足首あたりで少し余る程度、足が短い人であれば、ジャストサイズに足首で留まる様に丈を合わせるときれいに履きこなせるでしょう。

せっかくかっこいいゴルフウェアを着るのですから、かっこよく着こなして欲しいです!

ゴルフシューズの厚みを考慮せずズボンの丈を短くすると、寸足らずな感じで違和感がある上に、そんなところを気にしていてはゴルフに集中できません。

また逆に靴のかかとに掛かるほどの長さであっても足が短く見えてしまいます。

池田勇太選手が去年までそのようなズボンの履き方をしていましたが、今年は契約が変わってウェアのスタイルが変わったのもあって、ズボンの丈もすっきりしましたよね。

以前の服が悪いというわけではないのですが、現在の着こなしの方がスタイルは良く見えますよね。

ゴルフ用のズボン、スラックスなどには何か特徴があるの?

ゴルフ用のズボンやスラックスでなければいけない!ということはないのですが、なるべくなら…といったところでしょうか。

ゴルフウェアでなければ、デザインやズボンの丈などゴルフ場のドレスコードに引っかかってしまう場合があります。

自分ではカジュアルではないと思っていても、ゴルフ場で認められなければアウトです。

また、ゴルフウェアと言われているだけあって、吸汗速乾性やUVカット、肌触りやフィット感、機能面などゴルフのために作られているので、スイングの邪魔をしないゴルフ向けのデザインになっています。

ボールを2個ポケットに入れてもゴワゴワしなかったり、中にはティーを差し込むポケットが付いていたりとゴルフをする際に便利な機能がたくさん付いています。

もちろんそのような機能を必要とせず、プレーに支障をきさないようであればゴルフウェアでなくても全く問題ありません。

特に初心者の方は道具にお金がかかる上に洋服にまでお金をかけるのは難しいという人もいるでしょうから、無理に高いゴルフウェアを最初から揃える必要はありません。

機能性インナーのレイヤードスタイルはドレスコードに引っかかる?

レイヤードスタイルとは、重ね着のファッションスタイルのことです。

長袖インナーの上から半袖ポロシャツを着るスタイルですね。

ゴルフでは、ハイテク素材による高性能素材のインナーが多数出ていることもあり、プロでも長袖高機能インナーの上に半袖襟付きシャツを着ている選手を多く見ます。

またトップスだけでなく、ショートパンツのレイヤードも普及しています。

ボトムスになると下半身の動きによる膝や腰のサポートだけでなく瞬発的な動きにも対応する機能になっています。

プロが着用しているからドレスコードに引っかからない!なんて勘違いはしないでください。

プロもしている流行のスタイルであっても、名門ゴルフ場では認められない場合があります。

「半袖シャツの下に長袖のハイテク素材のシャツなどが見えるような重ね着は禁止といたします。必要な方は長袖シャツを着用してください」とはっきりと禁止しているゴルフ場もあります。

体にピッタリとした素材はあくまで下着であり、それを見せるのはダメ!ということです。

下半身までレイヤードとなると「ズボンの丈どころの話ではない!?」といった具合です。

特に名門ゴルフ場に行く際は事前チェックすることをオススメします。

プレー時だけでなくゴルフ場への入場、退場時もドレスコードを守りましょう!

入場、退場時のドレスコードはあくまでも”名門ゴルフ場の場合”と考えて下さい。

もちろん一般的なゴルフ場で入場、退場時のドレスコードを守っても問題はありません。

入退場時は「高級ホテルのロビーに行くつもり」の服装と考えれば問題ないでしょう。

絶対にプレーする服装のままで入退場しないようにして下さい。

まずジャケットは必須です。

しかし夏場は持参しなくてもOKなゴルフ場もあります。

そしてゴルフウェア同様襟付きシャツが基本です。

ジーンズや作業着、丈の短いラフなズボンはタブーです。

スラックスを着用すれば問題ありません。

靴も革靴に近いものを履くようにしましょう。

女性は革靴や低めのヒール、パンプスがベターです。

ゴルフ場なんだからゴルフシューズで入退場してもいいでしょう!は大間違いです。

これは名門であれ一般的であれ絶対にダメです。

これはドレスコード以前に、外の雑菌を繊細なグリーンに持ち込まない”自然を守る”意味でのマナーです。

スチュアート王家の一員と思って!

どんなにお洒落でもドレスコードに反していれば、かっこよさはゼロです。

そんな方はゴルファーとしての資格がありません。

厳しすぎと思うかもしれませんが、襟、ズボンの丈、デザイン等ゴルフではドレスコードが細かく決まっています。

自分くらい大丈夫、このくらい大丈夫という気持ちで周りを不快にさせてしまうのが一番ダメなことです。

特にメンバーのいるゴルフ場では自身のゴルフ場の品格を下げてしまう行為を毛嫌いします。

事前に確認し、しっかりと守るようにしましょう!

ゴルフがどんなに上手くてもマナーが守れない人はゴルファー失格です。

自分が貴族になった気持ちでゴルフ場へ足を踏みいれてください!