ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館

ゴルフを上達したい世界中の人にとっての情報まとめ図書館│ゴルフの図書館

ゴルフマナー。練習場にはどんな服装で行くべきなの!?

2016.12.22

ゴルフは紳士のスポーツと言われマナーが大切です。

プレー上の服装など様々なマナーがあり、覚える必要があります。

服装に関しては昔と比べ大分スポーティー、カジュアルになってきました。

コースは別として練習場にも服装のマナーというのはあるのでしょうか?

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

女子ゴルフツアーで憧れのプロからサインを貰う方法教えます

ここ数年人気が上がっている女子ゴルフツアー。 観戦目的は、彼女たちの素晴らしいプレーを間近に見...

ハンデが0スクラッチは公正の理念に則ったゴルフ本来の意味

スクラッチという言葉、ゴルフで用いられる意味でゴルファーなら知っているか聞いた事のある言葉ではない...

ゴルフ場でスコアカードや鉛筆からエコ社会を考えてみる

ゴルフ場で無料に配布され、しかも制限なく使えるスコアカードと鉛筆、そしてマークですが、予備に持ち...

打ちっ放しに初めて行くときゴルフ用の格好をしなきゃダメ?

ゴルフには様々なマナーがあり、服装もそのひとつです。 ジャケット着用、襟付き上着は外に出さず、...

ゴルフラウンド後の風呂上がりの服装にドレスコードはある?

ゴルフ場によって違いますが、入場時の服装にドレスコードがあります。 緩いところであれば、ゴルフ...

ゴルフ場が着用義務を課す服装って寒い冬でも同じなの?

ゴルフ場では服装を気にするところもあれば、自由に選べるところもあります。 まして冬のゴルフとも...

キャディバッグの中のゴルフクラブは何本まで入れている?

ゴルフクラブは何本まで持てるかご存知でしょうか。 キャディバッグに入れられる上限はほとんどのゴ...

ゴルフのコンペで良くある握りのひとつに馬券表がある

ゴルフの握りには様々なものがあります。 オリンピックをはじめニアピンやバーディーなどで、これら...

誤所からのプレーを防ぐウォーターハザードとラテラルの違い

ルール上から見ると、コース内には2種類の池があります。 名称はウォーターハザードとラテラルウォータ...

ホールインワンで記念品やお礼の品を選ぶときに大切なこと

ホールインワンで記念品を配り、お祝いしてくれた人にお礼のコンペまで開くのは日本独特の風習と言われて...

ゴルフルールで使用のダブルペリア方式の意味と戦い方を知る

スポーツには技量が違うと勝負にならない種目が良くあります。 しかしゴルフにはハンディというルー...

ゴルフの成績を表すスコアカードの記号は使っても良いの?

ゴルフトーナメントなどを見ていると、通常のスコアカードの書き方と違って、数字の変わりに記号で表記...

意外と多い!?ゴルフ場でカートが転倒する事故!どうして?

楽しいゴルフですが、ゴルフ場には危険がいっぱいです。 飛球に当たったり、斜面から落ちたり、カー...

ゴルフ場でのキャップの正しいかぶり方って本当に必要なの?

昔は「ゴルフコースに出るときはキャップを着用すること」と、先輩諸氏から教えられたものですが、最近...

女子ゴルフトーナメント会場で選手のサインボールを貰おう!

各地で行われるツアートーナメント。 中でも人気の高い女子ゴルフトーナメントは、年間38試合もありま...

スポンサーリンク

ゴルフの練習場へはどんな服装でもOK

はじめてゴルフ練習場へ行く時は「どうすればいいのだろう」とハテナがいっぱいですよね。

とくに服装に関しては悩みどころです。

ゴルフは紳士のスポーツと言われているし、ルールやマナーがたくさんあると聞くし、もしマナー違反と練習場でまさかの退場になったらイヤだし…など不安ばかりなのではないですか?

大丈夫です!

ゴルフ練習場の服装に決まりはありません。

動きやすく、運動をするのに差し支えない服装なら何でもOKです。

ジャージやスポーツウェアでも大丈夫ですし、カジュアルなジーンズでも問題ありません。

中には仕事帰りの作業着であったり、スーツ姿(ジャケットは脱ぎます)だったりの人もたくさんいます。

しかし女性は普段着のスカートは避けて、パンツに着替えた方がいいでしょう。

また露出は控えめに、前開きの服ではない方がよいです。

自分も気になるし、周りも気になってしまう、そんな服装はどんな服装でもOKの練習場でも相応しくない服装になります。

自分も他の人も練習に集中できる動きやすい服装と考えて下さい!

どうしてゴルフは服装マナーがあるの?

練習場での服装に決まりはないですが、ゴルフ場では服装マナーがあります。

ゴルフの服装マナーはゴルフの歴史からきています。

ゴルフの発展の中心的役割を果たしてきたスチュワート王家の家訓

「相手に敬意を払い、周囲に不快感を与えない服装こそ『作法』の第一とするべし。服装は自分のために非ず、相手に対する衷心からの礼儀なり」

これは、自分さえ満足すれば何を着てもよいということではなく、自分の身だしなみを見た相手がどのように感じるかが問題だということです。

ここから「服装は己のために非ず、相手に対する礼儀」と貴族ゴルフで定められました。

ところが1910年代以降にゴルフはアメリカが舞台となり変化が起きました。

アメリカ人はしばらく伝統に敬意を払い、スーツにネクタイ着用の決まりを守っていました。

しかし気候に恵まれた西海岸へとゴルフが発展していくと猛暑の中でスーツは脱ぎ捨てられ、ネクタイは解かれ、ワイシャツの袖とズボンの裾が半分に切られました。

全米ゴルフ協会は、これ以上の変化を恐れて「襟だけは付けておきなさい。これはゴルフゲームに対する畏敬の念であり、相手に対する礼儀でもあるのだから」と『服装規定』を発表しました。

そんな歴史からゴルフには服装マナーがあるのです。

練習場での服装はスイングを阻害しないもの

ゴルフの練習場では服装の指定、規制などはなく各個人が自由な格好で練習にきています。

実際練習場へ行くと、スーツなど仕事帰りの服装・ジャージ上下・ジーパン・短パンTシャツなど様々な服装の方々を見かけます。

しかし自由だと言ったとしても、ゴルフもスポーツですからスポーツをするための服装が一番です。

お出かけ用のお洒落着だと汗が気になるし、露出や素材がゴルフに向いていません。

また、ピッタリしたスキニーやトップスなど体のラインが出るようなものは、スイングする際に体をひねるので、体の動きを制限してしまい阻害してしまいます。

また冬になり寒くなってくると厚着をされる方が増えてくると思いますが、あまりにも着込んでパンパンになって腕が回らないとスイングを阻害してしまいます。

ツアープロも移動中や待ち時間だけアウターを着て、打つときには脱ぐという選手がほとんどです。

いつものスイングができない服装をなるべく避けるようにしましょう。

ゴルフ練習場にはシューズと手袋は忘れずに

ゴルフ練習場での必需品は手袋とゴルフシューズです。

服装は自由ですが、靴には規定があります。

サンダルやヒールは禁止されています。

これはマナーだけでなく、スイングの際に滑ったりして事故につながる危険性もあるので禁止されています。

はじめての方はまだゴルフシューズを準備できていない場合があると思います。

その際は、スニーカーならOKです。

慣れてきたらゴルフシューズを購入して練習場へ持っていくようにしましょう。

練習場では大概のところはクラブを借りられますが、手袋のレンタルはありません。

手袋もピンからキリまであって1,000円以下の安い物もあるので、持っていない方も購入するなどして手袋は必ず持っていくようにしましょう。

素手でゴルフクラブを握ると確実にマメができます。

とくにゴルフをはじめたばかりの人はムダな力が入ってしまう人が多いですし、滑り止めの役目もありますので、スイングをした時にクラブを離して飛んでいってしまうのを防げます。

そのようなことから、マメや事故対策として手袋は必要不可欠なのです。

なるべくコースと同じ感覚で練習してもらいたい

練習場での服装に決まりはないものの、たまにはラウンドで着るのと同じゴルフウェアで練習するのもよいです。

ゴルフシューズも然りですが、コースと同じ感覚で練習することも大切です。

急に違った環境でゴルフをすると体が付いていかなかったり、違和感を覚えたりしてしまいます。

毎回とは言いませんが、たまに意識してみてください。

中・高校の練習生はいつもゴルフウェアで練習しています。

もちろんプロ選手もです。

その意図はやはりラウンドと同じ感覚で!ということなのです。

ひょっとしたら…購入したばかりのお気に入りのウェアがちょっとタイトでスイングをするのにきつい!?なんてことがゴルフ場で起きてしまったら、その1日が終わってしまうか、ゴルフ場にあるショップで新たな1枚を購入するかになってしまいます。

練習場でならやり直しが効きますよね。

ですから、ラウンドが近づいたときににコースと同じ感覚の練習をするとよいでしょう。

服装やシューズだけでなく、ラウンドするコースレイアウトをイメージして仮想ラウンドするのもオススメです!

最新のゴルフウェアってどうなの?

ゴルフウェアも日々進化しています。

プレーを妨げないように動きやすいデザイン、屋外での長時間のプレーに適した素材を使用、そして機能性を重視したものとゴルフをプレーすることを追及したウェアになっています。

ゴルフは長時間屋外でプレーするので、快適にプレーするには、季節や気温、天候を考慮した服装が求められます。

汗をかいた時や雨に濡れたときでも不快感を最小限に抑えられる吸汗速乾素材のウェア、日差しの強い時期でも紫外線による肌や髪へのダメージ、体力消耗を軽減できるUVカット加工がされたウェアなどプレー環境に合わせたゴルフウェアを選べるようになっています。

そしてただ環境を考慮したり、機能性を追及しているだけでなく、最近は豊富なカラーやトレンドを取り入れたファッション性の高いゴルフウェアも増えています。

どのメーカーもほとんど差のない機能性やデザインです。

ですから差別化させるためにルコックはイ・ボミコレクションを出しました。

イ・ボミ選手がデザインに係り、スマイルキャンディーにちなんでスマイルワッペンとキャンディーのアートワークなど入ったデザインのウェアを発売しています。

人気の高い選手とのコラボで更なる人気を得ているのです。

ゴルフ場でも練習場でもかっこいいゴルファーで!

ゴルフではプレーの上手さよりも、マナーの良さが重視されます。

ゴルフ場では服装や立ち振る舞いなどマナーにとても厳しいイメージがあります。

しかし練習場にはそこまで厳しいイメージはありません。

しかし練習場でも最低限守らなければならないマナーはあります。

服装にも大きな決まりはありませんが、スポーツをするという気持ちを忘れないでください。

初心者であっても、上級者であってもゴルファーとして周りに迷惑を掛けたり、不快にさせたりしないように心がけましょう。

練習場での心がけがラウンドでの立ち振る舞いにも出ます。

日頃から気をつけることが大切です!

 - ルール・マナー