【ゴルフ上達】70台シングルのマネジメントを学ぼう!

プロゴルファーでなくても70台のスコアで回るアマチュアをシングルプレーヤーと呼びます。

現在もう少しで70台を目指す80台ゴルファー、上達のためにマネジメント力を身に着けたい90台ゴルファー。

もしかしたら、マネジメント力をつけるだけで一つ上に昇れるかもしれませんね。

アマチュアの皆さんはマネジメント力を高めてシングルプレーヤーを目指しましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゴルフの上達はグリップの握る強さと手首を柔らかくすること

ゴルフスイングで飛距離や方向性、球筋に不安がある時はグリップをチェックして、手首が柔らかくなって...

アプローチをパター打ちにしたらミスショットが無くなった!

アプローチが難しい、または不安があるという時には、アイアンをパターと同じ打ち方で使うと、ミスなく確実...

ドライバーで飛距離アップが狙える効果的なフックの打ち方

ドライバーショットが意に反して左側にフックしては困りますが、意図してドロー系のフックボールを打て...

谷将貴のスイングレッスンはドライバーショットもシンプル!

レッスンプロ谷将貴のスイングは一言でシンプルと言えます。上げて下ろす、素直なスイング理論のコーチ...

目指せ寄せワン!マスターしておくべきアプローチのアドレス

ゴルフでスコアアップさせるためには「アプローチ」と「パター」をどれだけ少ないスコアでまとめるかが大...

ゴルフ上達にはミート率の高いアイアンショットが優先!

ゴルフではボールコントロールするためにミート率を重視しています。特にピンポイントを狙うアイアンの...

ゴルフでスコア80切りを達成するために必要な練習は何か?

全てのゴルファーが今回よりも次回、さらに次こそは良いスコアで。とゴルフスコアの上達を願っているの...

石川遼が選ぶのはマッスルバック?キャビティ?どっち!?

石川遼選手は中嶋常幸選手に若い頃からマッスルバックに慣れた方が良いと教えを受ける中、マッスルバックと...

ゴルフコースで芝目の読み方が分かればパットが上手くなる

ゴルフには「パット・イズ・マネー」という言葉があります。これはパッティングを制することの重要...

パターに決まりはない。だから「目線」にも決まりはない!!

パターでは上体の前傾角度が深くなるので、視線を真っすぐ地面に落とす形になります。そうすると目標と...

【ゴルフ上達】レッスンプロなどのブログを読むのも効果大!

ゴルフ上達のための情報は溢れかえっていますよね。本屋に行けばレッスン書がたくさんあり、ネット...

ゴルフのスコアカードのデータ整理法と記念品としての保存法

ゴルフのスコアを書き記したスコアカードをラウンド後に整理すると、自分のためのデータとして活用する...

風が強い日のゴルフで風に負ける原因と負けないための対策

ゴルフに行く前に天気予報を見たとき、「風速8メートル」書かれているとガックリしますよね。風が強...

アプローチは20ヤードの距離を制したらスコアアップできる

アプローチは、20ヤードの距離を練習するとスコアアップに繋がると言われています。グリーンの直...

スコアアップを狙えるアプローチの打ち方と上手くなるコツ

アプローチの上手な打ち方ができれば、すぐにでもスコアアップが可能になります。100ヤード以内...

スポンサーリンク

70台のシングルゴルファーは『己を知っている』

ゴルフはミスのゲームと言われる様に、成功を重ねるゲームではなくミスを減らすゲームです。

野球やサッカーの様に成功を重ねて得点を競うゲームではなく、通常18ホールの合計スコアを定められた72回にいかに近づけるかというゲームです。

その為にはボールを遠くに飛ばす能力や思った所に運んでいく技術力だけではなく、コースやメンタル、フィジカルのマネジメントが非常に需要になります。

とりわけスコアに直結するコースマネジメントは多くのゴルファーの重要課題ではないでしょうか。

コースマネジメントと言うと上級者のものと思いがちですが、マネジメントによって技術力は変わらなくてもスコアを縮める事も出来るので、スコアがなかなか縮まらない初心者やアベレージゴルファーほどマネジメントを知る必要があると言えます。

まずコースマネジメントを考える上で重要なのが、自分を知ると言う事です。

70台で回るシングルゴルファーの多くは自分の距離や曲がる方向、出来る事、出来ない事をよく知っていて、そのホールやコンディションに合わせてコース戦略を立てているので、ミスを最小限に抑え、ミスをしたとしてもパーを積み重ねる事が出来るのです。

70台のシングルゴルファーのティーショットマネジメント

はじめに70台シングルゴルファーのティーショットでのマネジメントを考えてみましょう。

例えば、フェアウエイ左220ヤード地点に池のあるホールで、ドライバーの平均飛距離がキャリー220ヤード、ランを合わせると合計230ヤードで持ち球がドローボールのプレーヤーが、ティショットにドライバーを使用した場合、ナイスショットした場合に池に入る可能性が高くなります。

逆に持ち球がフェードボールのプレーヤーがナイスショットした場合池に入る可能性は下がります。

その場合、持ち球がドローボールのプレーヤーは池まで届かないクラブを選択するのが最良と考えますし、ドライバーを使用するならティグランドの左に立ち、フェアウェイ右サイドにターゲットを置きショットします。

ただ、この場合でも自分の技量を考え必ず成功する方法を選択しています。

70台シングルゴルファーは行かせたくない方向に行かないアドレスをとり、行かないクラブでショットします。

ティーショットでのマネジメントは徹底してミスの確率を少なくしています。

70台のシングルゴルファーのコースマネジメント

ティショットと同じようにグリーンを捉えるショットについても70台のシングルゴルファー達はミスの確率や次の一打の事を考えてターゲットを決めショットしています。

どんな上級者でも必ずグリーンを捉えられる訳ではありませんから、もし外した時に次の一打が有利になるように考えています。

グリーンを外すならバンカーよりもラフ、ラフよりも花道、下りよりも上り、など自身の技量や状況を考えてプレーしています。

年配のシングルゴルファーさんと一緒にラウンドすると、セカンドショットでグリーンを外しアプローチでワンピン以内に寄せて、2メートル以内のパットを難なく入れてパーと言うのをよく目にします。

当然アプローチの技術もそうですが、外して良い所に外しているから出来るのです。

パターについても同じです。

ファーストパットを打つ時に入れたいと思う気持ちは当然ですが、上級者ほど外した時の保険をかけてパットをしています。

外した時に上りが残るように、得意なラインが残るようになどです。

ゴルフはミスのゲームなので、ミスしても大怪我しないようにリスクマネジメントしながらプレーしています。

テレビ中継を見るのもマネジメント力UPに効果的!

ゴルフの中継を見ていると林の中や隣のホールから林を越えていとも簡単にナイスオンと言う場面を目にします。

その反面、こんなところから刻むの、これなら狙えるはずなのに、など現場に居ない素人からはもっと強気なマネジメントが出来るのではないか?と言う場面もよくあります。

アマチュアゴルファー、とくにアベレージゴルファーが参考にするべきは、ピンチからのスーパーショットではなく、出来そうだけどやらないマネジメントです。

コンペなどで色々なレベルのゴルファーとラウンドする機会がありますが、ティーショットを曲げて林に入りミスを取り戻すためにアベレージゴルファーほどピンチの場面でスーパーショットをしてミスを取り戻すマネジメントをするプレーヤーを見かけますが、大抵の場合は一度では林から脱出できず大叩きしてしまいます。

逆に70台のシングルゴルファーは林に入れるなどのミスをした場合、ミスを受け入れ冷静にフェアウェイに出すだけでスーパーショットは試しません。

ゴルフ中継を見ながらチャンスやピンチの際に自分だったらどのようなマネジメントをするか、イメージするのもスコアアップにつながります。

シングルゴルファーと一緒にラウンドするチャンスがあれば◎!

70台のシングルゴルファー達は簡単にティーショットを打ち、ライを確認してセカンドを打ち、ラインとタッチを確認したらパターを打つ、例えティーショットやセカンドでミスをしても決して無理をしません。

マネジメントにおいても圧倒的な飛距離を持つゴルファーと飛距離が平均的なゴルファー、持ち球の違うゴルファーでは、それぞれ違いがあります。

そして、80台、90台のゴルファーとの違いはグリーン周りでのアプローチショットの引出しの多さと、自分の持ち球を確立している事です。

持ち球を常に意識してショットのイメージを固めています。

シングルゴルファーと一緒にラウンドしてみたら、いとも簡単にゴルフをしているように見えるのは、場面ごとのショットのイメージと判断を限られた時間で意識が出来ているからです。

シングルゴルファーとラウンドする事が出来れば、ゴルフの考え方が変わってくるかも知れません。

クラブ競技の月例会などでは、シングルゴルファーとラウンド出来るチャンスがあります。

競技中にアドバイスを受けることはできませんが、競技をきっかけに、練習ラウンドをするようになった人は沢山いますので積極的に競技に参加してみて下さい。

練習もただ打つだけは止めていきましょう!

マネジメントを考えると自分のゴルフの課題が見えてきます。

OBが多い人はドライバーの方向性もしくは、それに代わるFWやアイアンでのティーショットの練習。

セカンドでグリーンを外してボギーになる事の多い人はアイアンショットの精度を上げる為の練習や、グリーンを外してもパーを拾うためにグリーン周りのアプローチ練習。

3パットでボギー、ショートパットを外してボギーなどパターに問題のある人はパターマットやパッティンググリーンでの練習など、マネジメントを考えてゴルフをすると自分の課題がハッキリと見えてきますので、練習でも自分の課題に時間を割くようにしましょう。

また、通常のラウンドでは同じクラブを続けて使うことはないので一球ごとにクラブを替えて打つ、同じクラブでもターゲットを替えて打つなど実際のラウンドに近づけて練習する事をオススメします。

70台のシングルゴルファー達の練習を観察していると大半の時間をアプローチ練習に使っています。

70台で回る為にはセカンドショットを外してもパーを拾うためのアプローチが重要なことを知っているからです。

70台にスーパーショットは必要ない!

70台のシングルゴルファーが、ラウンド中に80台のゴルファーと各段に違うゴルフやプロゴルファーのようなスーパーショットを連発しているわけではありません。

スイングに関しても、すべてのシングルゴルファーが、雑誌などにあるお手本のようなスイングをしている訳ではありません。

むしろ個性的なスイングのゴルファーが多い様に思います。

でも、彼らに共通していることはスイングの再現性の高さと、共通したスイングテンポ、自身の技量に合わせたコースマネジメント、各ショット時のメンタルコントロールなど自身のマネジメントです。

確かに正しいスイングやきれいなスイングは70台を目指すには必要だと思いますが、もしかしたら80台のゴルファーが一つの壁を破り70台の安定したスコアを出す為には、ゴルフの技量を上げる事ももちろん重要ですが、今までとは違うコースマネジメントや、もう一段上のメンタルコントロールが最大のカギになるのかも知れませんね。