【ゴルフの基本】PWとAWはどう使い分ける?どう選ぶ?

ゴルフクラブにはウェッジと呼ぶクラブがあります。

基本のアイアンセットに含まれているものがPW(ピッチングウェッジ)。

バラ売りになっているのがAW(アプローチウェッジ)です。

AWはどうしてセットに含まないのでしょうか?

その理由は使い方にあり、選ぶ基準にもなってきます。

そこで今回はウェッジについてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

優しすぎないロマロRay-Vアイアンを試打してみませんか?

ロマロのアイアンと言うと、バリバリの上級者向けなイメージです。実際は適度に優しさと操作性を備...

ユーティリティと同じ飛距離を持つ19度のアイアンやウッドとは

最近はユーティリティを使っているゴルファーがかなり増えています。それはフェアウェイウッドの飛...

トップアマに大人気!ロマロのアイアンってどうして高評価?

地クラブブランドの特集が雑誌等でよく取り上げられるようになりましたね。ショップで見たことのな...

ぶっ飛び!?ロケットボールズのユーティリティを徹底試打!

2012年にぶっ飛びとして話題になったテーラーメイドのロケットボールズフェアウェイウッド。その同...

【ゴルフ】ドライバー体積400CC以下ならヘッド動作が多い

ゴルフクラブでドライバーのヘッド体積は年々大きくなり、今や460㏄クラスが普通になりました。...

ゴルフラウンドが雨でも問題なし!ファッション楽しもう!

ゴルフラウンド前は何度行っていてもウキウキドキドキします。しかし天気予報をチェックすると、ど...

姿勢矯正できるバランスボールをゴルフのトレーニングにも

バランスボールと聞くと、姿勢矯正やダイエットなど美容に関するイメージばかりが出てきます。しかしバ...

過去モデルのスリクソンz525アイアンは初心者にオススメだ!

ダンロップのスリクソンシリーズはアスリートモデルとして長らく愛され続けてきました。そこで少しでも...

三菱レイヨンディアマナシャフトカイリの特性について考える

三菱レイヨン社製ディアマナシャフトシリーズを装着するユーザーは非常に多いのではないでしょうか。...

ドライバーのロフト角をスプーンと同じにしたら飛距離UP?

ドライバーの飛ぶ要素にロフト角があります。フェースが立っているほうが飛ぶような気はしますが、場...

ユピテル測定器のヘッドスピードは甘い設定だが飛距離は辛い

ヘッドスピードを上げるためには現状の自分のヘッドスピードを知ることが大事です。それには簡易測定...

プロ御用達、ディアマナアヒナスペック70sの機能について

三菱レイヨン社製、ディアマナシリーズであるアヒナシャフトは、プロの要望を取り入れたシャフトです。...

ドライバーのロフト角度は9.5度にすれば飛距離が伸びる?

ドライバーの飛距離を伸ばしたいと考えたときに、ロフトの角度を変えるゴルファーがいます。例えば...

ダイナミックゴールドのx100は使いこなせる?試打で検証!

ゴルフクラブの構成パーツの中で非常に大きな要素を占めるシャフト。市場には非常に多くのシャフトが...

炎天下のゴルフ場で夏の服装をおしゃれに着こなすために

夏のゴルフ場はとても暑く、陽射しが強いので、紫外線対策や速乾性は不可欠です。夏はそれらの機能...

スポンサーリンク

ゴルフセットのPWはどんなクラブ

アイアンのクラブは、シャフトの長さや、ロフト角により大きく3つの種類に分けることが出来ます。

シャフトが長く、ロフト角の立った順に、ロングアイアン、ミドルアイアン、ショートアイアンです。

PW(ピッチングウェッジ)は、ショートアイアンの9番の次に短いクラブでまた、ショートアイアンよりもロフト角があり、ウェッジと呼ばれるクラブのひとつです。

ウェッジとは、PW,AW,SWを総称した呼び名で、この順に短くなります。

通常PWは9番アイアンの次の番手として、アイアンセットに組み込まれています。

フルショットすると、ゴルフのレベルによりますが男子で約120ヤードの飛距離です。

このようなフルショット以外に有効的なPWの用い方としては、ロフト角があり、ボールが上がり易いのでグリーン周りに来た時、ピン近くに寄せるために用いることです。

グリーン周りはライの良い花道もあれば、深いラフや逆目、土の見えているところがありますが、この様な所からピン近くに寄せられるか、PWはスコアメイクにつなげることの出来るクラブです。

又、AWとSWのロフト角を決める際、PWのロフト角によりそれぞれのロフトのピッチ(間隔)を決める事になるので、PWはそういった点からもウェッジを選ぶ際の、基準となるクラブです。

PW,AWはどうやって使い分けるの?

PWとAWだと、AWの方がシャフトが短く、ロフト角が4度〜6度ほど多くなります。

ロフト角が2度変わると5ヤード飛距離が変わるので、それぞれでフルショットした際の違いは、10〜15ヤードとなります。

そして、グリーン周りで寄せる際の使い分けとしては、ロフト角の違いから、ボール打ち出し角度が、ボールが着地してからの転がり具合に差が出てきます。

PWの方がAWよりも、少し低くて、転がり易いボールが打てるのです。

ピンまでの距離が長かったり、登り傾斜の時などに有効です。

反対に、ピンまでの距離が近かったり、下り傾斜、またはピンまでの間に障害物が有り、高い軌道で、転がり難いボールを打ちたいときは、AWを選択するのが有効です。

又、グリーンまで距離があるバンカー内から狙う時、SWではなく、PWかAWを使います。

バンカー内からだと、距離は、PWとAWで5ヤードくらいの差しかないので、バンカー内の砂の状態やバンカーのアゴの高さなどでどちらか選択します。

ゴルフ場によってコースレイアウトが違いますので、上手に使い分ける必要があります。

PWとAWは同じメーカーで揃えた方がいい?

ゴルフショップでアイアンをセットで購入する際、#5から#9とPW,AW,SWまで含むフルセットを選ぶ方法と、最近では、#6から#9とPWだけのセットを選べるようにセッティングしているメーカーが多いです。

考え方として、同じメーカーの同じシリーズをフルセットでSWまで揃えると、それぞれの番手間のロフト角やバランスが整うので、同じメーカーの同じシリーズで揃えることは、使っていて安心出来ます。

もう一つの考え方は、AWやSWのウェッジはアイアンとは別の物と位置付ける事です。

ショートゲームで使用するウェッジは感覚がすごく重要で、今のウェッジでつかんだ感覚を、アイアンセットを買い替える際に又、一から感覚をつかまなければならないのは、合理的ではありません。

なので、AWやSWはウェッジとして、自分の感覚で操作し易いクラブをアイアンとは別に揃えるておくと言う考えです。

その場合は、PWとAWは必ずしも同じメーカーではないことを意味します。

以上の点から、PWとAWを同じメーカーで揃えたほうが良いかは、自分がどちらのタイプかを選択することになります。

AW選びではPWとSWのロフト角が重要です。

最近のゴルフクラブはストロングロフトと言って、従来よりもロフト角を立たせてあります。

たとえば、#7アイアンで30度のロフトが主流で、ストロングロフトにする事で、#7アイアンが飛ぶ様になっています。

しかし、その反面そのしわ寄せがロフト間のピッチに現れていて、特に下の番手になると、ロフト差を大きく付けることで、クラブの本数が増えない様になっています。

例えば#9アイアンまでがロフト差3度に対して、PW,AW,SWはロフト差が6度に設定してあり、この様なセッティングだと、上の番手は10ヤード、下の番手は20ヤードの飛距離差になってしまいます。

そこで下の番手、いわゆるウェッジ間のピッチの差を埋めるクラブがAWという事になります。

その為に、AW選びはPWとSWのロフト角を基準に、その間に等間隔に入れていくので、PWとSWのロフト角が非常に重要になってくるのです。

ピッチの差を調節する、すなわち距離の差を縮める為に、ウェッジを4本に増やすのも、ショートゲームのバリエーションを増やすのに有効です。

ゴルフショップでのAWの選び方

ゴルフショップでAWを選ぶ際、まずはPWのロフト角を調べ、6度刻みになる様に選択します。

そして次にバウンス角の選択ですが、バウンス角とは、クラブを地面につけた時に地面とリーディングエッジの間にできた角度のことです。

バウンス角の数値が大きいとソールが厚く、バンカーからボールが出やすくなります。

厚いソールが先に砂にあたり、リーディングエッジが浮いて、砂の中に潜らないからです。

これをフェアウェイで打つと、リーディングエッジが地面から浮き、トップしてしまいます。

一般的にローバウンス(4度〜8度)はアプローチや硬い砂、砂が少ないバンカー、そしてハイバウンス(10度〜14度)は砂の多いバンカーに適しています。

実際この数値はSWで重視され、AWではローバウンスのものが多いです。

あとは、ソール幅やラウンドと言ってソールの丸み具合、そしてグラインド、いわゆる削りのことで、トゥ側とヒール側にほどこしてあり、フェースを開いたときなどの抵抗を小さくしています。

これらもAWを選ぶ上での参考になります。

大手メーカーは種類多く、ゴルファーのタイプにより選択できる様に、製造しているので、自分がどの様にAWを使いたいか目的を決めて購入するすると良いです。

ゴルフのスコアアップはウェッジショットのレベルアップが鍵!

以上の様なことからウェッジはアイアンと使い方が大きく異なってきます。

アイアンに比べボールの高さやスピンのかかり具合など、100ヤード以内、主にグリーン周りからどんな状況でもピンにボールを寄せられるように設計されています。

それゆえ自分の感覚で寄せることが出来るので、上手に使い分ける技量もまた必要となるクラブです。

その技術を身に付けるには、練習で距離感をつかむことです。

PW,AW,SWで振り幅による、自分の距離を知っておくことですが、その距離に合わせて、振り方や打ち方を変えていきます。

球を上げ気味に打つピッチショット、球を上げつつ着地後に転がすピッチアンドラン、そして球を上げずに長く転がすチップショットなどです。

たとえ、ドライバーショットで距離が出せなくても、グリーンを狙ってミスをしたとしても、ウェッジでのアプローチショットでピンに寄せることができる技術があれば、そんなにスコアが崩れることはありません。

練習やラウンドでの経験で、ウェッジショットのレベルが上がれば、ゴルフのスコアアップにつながります。

ウェッジショットでラウンド中にはゆとりを持って

このように、PW,AW,SWのウェッジショットを自分の技術として身に付けることができれば、どのような所からもピン近くに寄せられるという自信につながり、ラウンド中にトラブルに見舞われても冷静でいることができます。

そのようなゆとりを持つことがラウンド中には必要です。

ウェッジの知識とショートゲームの技術があれば、他のゴルファーとの差が生まれ、有利なゴルフを展開することが出来ますからね。