CATEGORY

データ 記録

  • 2017年11月5日

スイング分析に大活躍!ヘッドスピードの計測器のおすすめは

昔はスイング分析をしてもらうために、足しげくゴルフショップに通っていたゴルファーもいたのではないでしょうか。でも最近は技術もだんだん進化し、自分で好きな時にスイング分析するためにヘッドスピードの計測器が販売されています。しかしいざ探してみると種類が多く、どれが良いのが分からず悩んでしまいますよね。そんな悩めるゴルファーたちのためにおすすめ計測器を紹介しましょう。

  • 2017年11月4日

ヘッドスピード50m/sだとドライバーでどのくらい飛ぶの?

ドライバーのヘッドスピードが50m/sだったらと憧れますよね。力強くパワフルなティーショットがイメージできます。それほどのヘッドスピードだと一体どのくらい飛ぶのでしょうか。またそれに少しでも近づくにはどうすればよいのか考えてみましょう。

  • 2017年11月4日

ヘッドスピード38m/sのドライバーショットで適正飛距離とは

ヘッドスピード38m/sが速いのか遅いのか、ドライバーの飛距離は人それぞれです。ただ飛距離を求める人であれば、スイングスピードを上げて、さらにヘッドスピードを増す方法を探すか、もっと他の方法を探すのではないでしょうか。今回はヘッドスピードと飛距離の確認方法と、他の方法で飛距離を求める方法について紹介します。 

  • 2017年11月3日

ドライバーのロフト角、選ぶなら9.5度?それとも10.5度?

ドライバーのロフト角で悩むことが多いのが、9.5度にするか、10.5度にするかです。一般的には10.5度が良いと言われていて、パワーヒッターであれば9.5度と言われています。果たしてどういったゴルファーがどっちのロフト角を選ぶのが正しいのでしょうか。ドライバーのロフト角について、そしてそれを選ぶポイントについて説明していきます。

  • 2017年11月3日

ゴルフで重要と言われるミート率の平均を知りそれを超えよう

ゴルフ雑誌やゴルフレッスンで良く見たり聞いたりする「ミート率」。それだけミート率が重要なのは理解できますが、一体どのくらいのミート率があればOKなのでしょうか。ゴルファーのミート率の平均、そしてプロゴルファーたちのミート率はどのくらいなのかご存知ですか。また平均以下だった場合、どうすればミート率を上げることができるのか考えてみましょう。

  • 2017年10月31日

ドライバーで250ヤード出すためのヘッドスピードの役割とは

ドライバーで250ヤードの飛距離を狙うとしたら、ヘッドスピードの速さが必要です。またヘッドスピードの速さだけではなく、スイングやインパクトの仕方、ミート率などさまざまな条件が必要となります。一方で、ヘッドスピードが遅い女子プロゴルファーの中にも、250ヤード飛ばしている人はいますので、アマチュアゴルファーでも飛距離が出る方法を考えていきます。

  • 2017年10月8日

自分のクラブが適正な重量フローかを入力するだけでチェック

アイアンの調子が良い日は、ウッドが悪い。逆にウッドの調子良いとアイアンの調子が悪い。そんな時ありませんか?もちろんただ単に調子が良かったり悪かったりしているだけかもしれません。しかしクラブの重量フローが良くないことが原因の可能性もあります。そこで入力するだけで簡単にチェックできる方法やチェック方法など重量フローについて教えます。

  • 2017年10月7日

SとRシャフト、ヘッドスピード42m/sならオススメはどっち?

クラブでのシャフト選びは非常に重要な課程です。自分のスイングに合わないシャフトを選ぶとショットは右へ左へ行ってしまいます。最悪な場合、それを庇おうとしてスイングが崩れてしまうことです。あなたがヘッドスピード42m/sだった場合、SかRシャフト、それともまた別のフレックスなのでしょうか。今後のシャフト選びのために、ヘッドスピードとシャフトフレックスの関係について詳しくお話します。

  • 2017年9月10日

グリーンの速さ測定。それは速度を確認しているわけではない

グリーンの速さ測定をする機械をスティンプメーターと言いますが、ゴルフ場ではグリーンの速さを芝の刈高で表示していることがあります。またプレーヤー自身も「今日は何ミリ」と確認することもありますが、「刈高=速さ」ではないということを確認していきたいと思います。

  • 2017年8月31日

引退間近の宮里藍の生涯獲得賞金とツアーの勝利数のついて

数か月前に笑顔、そして涙の引退会見をした宮里藍。彼女のゴルフ界でのプロとしての活躍は高校生時代から始まりました。女子ゴルフの人気を高めてくれた最重要人物と言っても過言ではありません。そんな彼女の生涯獲得賞金やツアーでの勝利数などプロゴルフ人生での大きな活躍についてお話ししていきます。

  • 2017年8月29日

レッスンプロとツアープロがゴルフ界で有名になるとどう?

「プロゴルファー」と言ってもレッスンプロとツアープロの2つがあります。その違いはみなさんご存知かと思います。もちろんどちらにおいても有名になる人は一握りの人だけです。では、レッスンプロとツアープロをいろいろな角度で比較していきましょう。

  • 2017年8月28日

トーナメントのようなグリーンの速さと硬さが最良のコース?

良いコースでプレーがしたい、トーナメントのような高速グリーンでパッティングがしたいと思うゴルファーはたくさんいると思います。そんなコースコンディションの中でもっとも気にかかるのがグリーンの速さと硬さですが、芝を短く刈られているだけでは速いグリーンとは限りません。グリーンのメンテナンスからみた良いコースについて考え方を紹介します。

  • 2017年8月21日

日本だって負けてない!ゴルフ場にある絶景スポットを紹介!

ゴルフに夢中過ぎて周りの景色を楽しまないなんて勿体なさ過ぎます。ゴルフ場は自然と調和して作られたコースが多いです。世界中には生涯に一度はプレーをしてみたい絶景ゴルフ場がありますが、日本だって負けていません。海外はなかなか行くことができませんが、日本なら数日の休みで行けます。是非行って欲しい日本の絶景ゴルフ場を紹介します。

  • 2017年8月17日

グリーンコンディションによる速さの単位とその計測方法とは

ゴルフ場へ行くと、スタート室前などにグリーンの速さを表記した看板が置いてあったり貼ってあったりします。そこには「本日のグリーン ○ft.(フィート)」と表示されています。ところでこのフィートと言う単位はいったい何なのでしょうか。またグリーンの速さとはどうやって測定していて、速いや遅いと言った基準は何なのでしょうか。普段何となく認識していても、よく分かっていない人が多いでしょう。ここで看板からグリーンコンディションの情報を得られるようになるためにしっかりと学んでおきましょう!

  • 2017年7月31日

アマチュアでも本当にゴルフが上手いのは片手シングル以下

ほとんど全てのゴルファーの憧れ、それはシングルハンデキャップですよね。シングルプレーヤーなんて聞くと、憧れの的なのではないでしょうか。しかし、しかしです。実は、シングルになるのはそう壁が高い訳ではありません。特にハンデキャップ9から6くらいまでは、そこそこのゴルフでもなれるのです。これは本当です。アプローチもバンカーもパターもそこそこ上手ならなれます。ただ、片手シングルとなると話は別。片手シングルのゴルフというのは、同じシングルプレーヤーが見ていても上手いと感じるレベルです。では、片手シングルのゴルフとはどういうものか、また片手シングルになるにはどんなゴルフをすれば良いか見ていきましょう。

  • 2017年6月23日

2009年マスターズ伝説!ビジェイシンが見せた水切りショット

マスターズと言えば、練習ラウンドで行われるエキシビジョン、16番ショートホールでの水切りショットが伝統になっていますよね。その遊び心のある水切りショットが、まさかのミラクルショットになりました。そんなミラクルショットをしたのが数々の逸話を持ったビジェイシンです。今回はその水切りショットやマスターズでのミラクルショットについてお話していきます。

  • 2017年6月16日

uspga tourとjgtoの年金を含む様々な格差とは一体なに!?

uspga tourの人気は世界的に凄いのはこれを読まれているゴルファーの皆さんもご存知でしょう。それと比べてjgtoの人気はどうでしょう。年間試合数も減り、ギャラリーも減り、テレビでの放送も減り。そして松山英樹や石川遼といった人気選手までもuspga参戦で日本を離れてしまっています。その理由は数え切れないほどあります。その中で最も大きいのが選手への待遇かもしれません。彼らの現在から引退したときの年金まで、その格差を覗いて見ましょう。

  • 2017年6月12日

タイガーウッズに起こったマスターズ15番での珍事とは!

マスターズとはゴルファーにとっての夢の舞台であり、いろいろなドラマが生まれる舞台とも言われています。タイガーウッズは、マスターズで4勝しています。そんな慣れたオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブの15番で彼に珍事が起きました。今回はタイガーウッズにマスターズで起きたことについてお話していきましょう。

  • 2017年6月9日

ユーティリティかウッドか、9wを使う飛距離の目安について

使うクラブの影響で、最も正確な距離感と方向性を出すのが難しい170ヤードから200ヤードですが、この間に使用するクラブはウッドなのか、ユーティリティなのか悩みますよね。それぞれのクラブには特性があり、自分が安心して打てる方を選べば良いのですが、できれば確率が良い方のクラブを使いたいですよね。特にセッティング上7w、9wを選ぶとこの間の飛距離の目安として使えるユーティリティを入れられなくなってしまいます。では、ウッド系かはたまたユーティリティがよいのか、飛距離の目安から良さや違いを見ていきましょう。