CATEGORY

クラブ・パーツ・用品

  • 2017年11月7日

ヘッドスピードが遅い人が硬いシャフトを使うとどうなる?

ゴルフのクラブにおいて、シャフトの硬さが自分に合っているというのはとても大切なことです。なぜならシャフトがヘッドをインパクトの正しい位置にも戻してくれるからです。しかし、それはあくまでしなりのタイミングが合った場合に限ります。ヘッドスピードが遅いとしなりが活かせないこともあるのです。今までドライバーのシャフトをなんとなく選んでいた方は見直してみましょう。

  • 2017年11月7日

ピッチング以下のウェッジをロフト角の観点から考える

攻めのゴルフをしたいと、ピッチング以下のウェッジをキャディーバッグに入れているゴルファーが増えています。確かにプロの華麗な技を見て自分もと考えるのがゴルファーの心理ですが、自分のクラブのロフト角はご存知でしょうか。100ヤード以内のアプローチの仕方と、ロフト角から見るウェッジについて考えていきます。

  • 2017年11月5日

三浦技研のアイアン、MB-5005の凄み!一体どんなクラブか?

三浦技研のアイアンはその打感や美しさに定評があり、高額なものが多いです。鍛造アイアンのヘッドを主に作っている地クラブメーカーなので、大手ゴムメーカーやスポーツメーカーとは全く規模が違います。限られた上級者が好むことから一般的な知名度はそこまで高くはありませんが、クラブとしては申し分ないと言われています。そんなアイアンの中でMB-5005とは一体どのようなクラブなのでしょうか。

  • 2017年11月5日

MP史上最も易しいと言われるミズノのMP54を試打してみよう

ミズノのMPは上級者向けや難しいといったイメージが強いですが、そんなMP史上最も易しいと言われているモデルがMP54です。MPの中でも優しいと言うだけで、結局難しいのではないかと、ついつい疑ってしまうゴルファーもいるのではないでしょうか。本当に優しいのか、MP54の特徴から試打の感想などを紹介します。

  • 2017年11月3日

ゴルフがスコアアップできる練習用の画期的な道具と活用法

ゴルフの練習はスコアアップを願って行うものですが、ただボールを打ってもなかなか上手くならないものです。そこでゴルフ用の市販品や一般的に使われる日常品などを便利な道具として使うことで、効率のよい練習と効果的な結果が得られるよう考えていきます。

  • 2017年11月2日

単品ウェッジを買う時に悩むロフト角の選び方のポイント

「ミスが無くなれば絶対スコアが良くなるのに!」と伸び悩み時期に必ず考えるのがウェッジです。フルショットしないクラブなので力加減が難しいですし、少し気を抜くとザックリやトップとピンまで近いのに大事故になり、精神的なダメージも大きいです。そんなミスを少しでも無くすために、ウェッジのロフト角の選び方のポイントを説明します。

  • 2017年11月1日

タイトリストpro v1xを使うのにヘッドスピードは関係する?

ゴルフショップへ行くと数え切れないくらいの種類のゴルフボールがあります。スピン系やディスタンス系と言った説明が書いてあるけれど、いまいち分かっていない人が多いのではないでしょうか。その中でもタイトリストのpro v1xは人気も値段も高いので興味が湧きますよね。誰でも使いこなせるのか、ボールにヘッドスピードが関係するのかなどボールの選び方と合わせて紹介していきます。

  • 2017年10月30日

ゴルフのスコアアップに活用できる便利すぎるグッズとは?

ゴルフが上手くなりたい、スコアアップを目指したいと思うのであれば、練習こそが大事です。でもゴルフのことばかりを考えていられないので、効率よく練習の効果が現れるように、便利なグッズを利用したいものです。そこで今回は練習や実践に活用できる便利なグッズの数々をを紹介します。 

  • 2017年10月27日

中古にあるキャロウェイレガシーブラックは初心者も使える?

石川遼選手や上田桃子選手が用具契約をしているクラブメーカー、キャロウェイ。性能も優れているだけでなくデザインもスタイリッシュなクラブで人気があります。同社のラインナップに、かつてあった高級指向のレガシーシリーズ。そのシリーズの中でもアスリート向けモデルがレガシーブラックです。今回はその中でも中古市場で人気のある2011年モデルのレガシーブラックドライバーを取り上げて、初心者にも使えるクラブなのか検証してみましょう。

  • 2017年10月25日

インパクトに差がある。ドライバーとアイアンの違いを理解して。

ゴルフではすべてのクラブで同じスイングが出来るとシンプルで覚えやすく上達も早いと思います。だからといって同じスイング=同じインパクトではないという点だけは理解してください。違いを知ればもっとナイスショットの割合が増えてくるのではないかと思います。参考にしてください。

  • 2017年10月21日

雨の日もゴルフを楽しむためにレインウェアのおすすめを紹介

良いのか悪いのか、普通の雨でゴルフが中止になることはありません。でもプレー中の突然の雨でも備えあれば憂いなしです!晴れた日のゴルフ場は最高ですが、雨の日のゴルフを少しでも気分を高めるためのおすすめレインウェアなどを紹介します!

  • 2017年10月17日

知りたい!ヘッドスピードを上げるための練習方法や練習器具

飛距離アップのためヘッドスピードを少しでも上げたいゴルファーは多いです。不思議なことに力いっぱいクラブを振ってもヘッドスピードは思うように上がりません。練習を重ねれば少しずつヘッドスピードは上がりますが、間違った練習をしていたらいつまで経ってもヘッドスピードは上がりません。そこでみんなが知りたいヘッドスピードが上がる正しい練習方法や練習器具を紹介します!

  • 2017年10月13日

人気ゼクシオ8ドライバーを試打!まだエース級の存在だった

ついにゼクシオも発売から20年を迎え、最新モデルも10代目となりました。多くのゼクシオファンはその進化を心待ちしていたことでしょう。今回はその進化の系譜にあるゼクシオ8ドライバーがまだまだ現役で通用するのか、試打インプレッションから探ります。

  • 2017年10月12日

ミズノのMP-69アイアンで安定した飛距離を手に入れよう!

ミズノゴルフの代表格MPシリーズ。飛距離にこだわるゴルファーが多いですが、アイアンは飛距離を出すことよりも飛距離を安定させることの方が重要です。ミズノのMPシリーズでは安定した飛距離と操作性の良さなどアイアンに求められること全てに評価が高いです。そんなMPシリーズの中で歴代人気モデルMP-69を掘り下げて見てみましょう。

  • 2017年10月10日

ぶっ飛び!?ロケットボールズのユーティリティを徹底試打!

2012年にぶっ飛びとして話題になったテーラーメイドのロケットボールズフェアウェイウッド。その同じシリーズのユーティリティ、通称『レスキュー』を試打することができましたフェアウェイウッドと同様にソールのフェイス寄りのところにあるスリット「スピードポケット」が採用されています。果たしてこのユーティリティも同じぶっ飛び遺伝子を持つクラブなのでしょうか?期待を膨らませつつ、早速試打してみましょう。

  • 2017年10月3日

スパイダーのパターカバーの代用にするには何がオススメ?

テーラーメイドの大人気パターシリーズと言えばスパイダーですよね。そんなスパイダーの正規購入時付属品のパターカバーが気に入らない場合。スパイダーの形のものは、オデッセイよりもサイズが大きく、形も四角形なので変えたくてもなかなか変えられません。みんなと差をつけたり、キャディバッグを華やかにしたりとパターに限らずクラブのカバーをオリジナルの物に変えたいゴルファーは多いものです。独特な形のスパイダーのパターカバーを代用するには何がオススメなのでしょう。

  • 2017年10月2日

生産中止になったミズノ最高傑作のMP59を試打してみよう!

ミズノのMP59は2015年に生産終了しています。しかしミズノMPシリーズは中古でもあまり値段が下がらず販売されています。それだけ根強い人気があると言うことです。ミズノのMPシリーズは一度試打をしたら絶対欲しくなると言われています。その中でも歴代最高傑作とまで言われるMP59にはどんな魅力があるのかお話していきましょう。

  • 2017年10月1日

人気シリーズの8代目となるゼクシオ8アイアンの評価も高い?

2000年に初めて登場したゼクシオモデル。2年に1度しかモデルチェンジしないシリーズですが、現在はゼクシオ9やフォージドが出ています。今も昔も常に高い人気を誇っているダンロップのモデルですが、この中でも先代のゼクシオ8アイアンの評価も高いのでしょうか?ゼクシオ8アイアンの評価を知ると、今が買い時だと中古ショップに足を運びたくなるかもしれません。

  • 2017年9月23日

【ゴルフクラブの名器】フォーティーンMT-28V2ウェッジ

フォーティーンMT-28の2代目として発売されたMT-28V2ウェッジ。MT-28の初代も名器として人気がありましたが、その2代目となると期待度も高くなるのは当然です。なんと言っても最大の魅力はボールが傷だらけになるほどのスピンの掛かり方です。現在の溝規制には適合していないフォーティーンの代名詞とも言えた「MT-28」「MT-28V2」の魅力を伝えます。中古で探して購入し、溝を掘り直してでも使いたくなるかもしれません。

  • 2017年9月18日

アイアンシャフトをモーダス105にすると良いゴルファーは

ニッポンシャフトのモーダスツアー105は、体力の衰えを感じるゴルファーには良いシャフトです。ダイナミックゴールドのS200から移行するゴルファーも多く、ネットでの評価も上々の様です。アイアンはスチールシャフトの方がインパクトでの粘りがある為、スチールからカーボンにはなかなか行けないのですが、このモーダス105はスチールの良さがそのまま継続できる為多くのゴルファーに支持されているのだと思います。では、モーダス105について見ていきましょう。